毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

アメリカの貧困地域で暮らす人は、私よりも幸せだった【幸せとはなにか】

こんにちは、マリアです。

今回は、幸せとは何かというテーマでお話しします。

 

コロナの影響で、徐々には普段通りの生活が戻ってはきてるけど、
いま「あなたは幸せ?」ですか?

 

アメリカの貧困地域で暮らす人は、私よりも幸せだった

以前アメリカの貧困地域で暮らす人たちのために、ボランティアをしたことがあって、
これまでの考えがひっくり返ったことがあったことがある。

 

まず、わたしがボランティアをした地域は

  • たべものが安く手に入るジャンクフード店しかない
  • ホームレスの方が道の至るところにいる
  • ホームレス以外の大人は、仕事をしているため街中にいない
  • 子を持つ親は、施設にこどもを夜遅くまで預ける

 

こういう感じで、ちかくの地域に住む人でも足を踏み入れない場所らしい。

 

正直なところ、最初は怖いと思ったけど、こういう状況だからこそ

「わたしが今感じている幸せを分け与えたい」
「少しでも笑顔になってほしい」

そんな思いをもってボランティアに取り組もうとしていた。

 

けど、アメリカの貧困地域で暮らす人は、私よりも幸せだった。

 

幸せとはなにか

裕福ではなくても、日本でふつうに暮らしてきて、

「あの貧困地域で暮らす人たちは、幸せを感じられていないかも。」

と、勝手に決めつけていました。

 

でも、幸せって必ずしも

  • 住む環境
  • 一緒に暮らす人
  • お金
  • 社会的地位

では測れないんですよね。

 

そのときに、私が学んだ『幸せ』とはなにかを紹介します。

  1. 感謝をすること
  2. 視点を変えること
  3. 他人との比較をやめること

 

①幸せとは、感謝をすること

感謝をすることで、そこにある「幸せ」に気づかしてくれるから。

 

わたしがボランティアをしたとき、

「来てくれてありがとう。」
「暖かい食事をくれてありがとう。」
「折り紙教えてくれてありがとう。」

数えきれないほどの「ありがとう」をもらいました。

 

でもそれ以上に、その場での『できごとに感謝』にしていたことに気づいたんです。

だから、その一言一言がすごく重たかった。

 

例えば、

  • だれかと笑い合っているとき
  • おいしいご飯を食べているとき
  • 好きな人といるとき
  • ゲームをしているとき

一見、いまの日本ならふつうに思いますが、
すべて「感謝」につながるんですよね。

  • だれかと笑い合っているとき
    →その人がいて一緒に笑ってくれることに感謝
  • おいしいご飯を食べているとき
    →おいしいご飯があることに感謝
  • 好きな人といるとき
    →好きな人がとなりにいて、その人があなたのことを好きでいてくれることに感謝
  • ゲームをしているとき
    →おもしろいゲームを作って、提供してくれたことに感謝

無意識のうちに当たり前だと思っている方もいるかもいるけど、
これって当たり前のことじゃない。

 

もし、一緒に笑える相手がいなかったら? 美味しいご飯がなかったら?どうでしょうか。

全ては「感謝」の気持ちが「幸せ」を呼んでくれているんです。

 

きっとあなたの日常にも、感謝があってことの幸せがたくさんあるはず。

 

②幸せとは、視点を変えること

貧困層にいた方々と会った瞬間に感じたことは、

「あの人たちは、幸せになるための視点をもっている。」

ということ。

 

わたしは、今あるふつうの生活を当たり前の軸として考えていたため、

「あの人たちは幸せを感じられていないかも」

とバカな考え方を...

 

だから逆に言えば、あなたの考え方が変われば、
すぐに幸せになれると言うことです。

理由は視点を変えるとあなたの脳が収集する情報が変わるから。

 

例えば、

あなたは食事をとるために、レストランの待合スペースでしばらく待っている。

あなたなら、この状況をどう思いますか?

 

A:「あー、今日はついてない。なんでこんなに人がいるんだ、回転率が悪すぎる、早くしてくれ…」

B:「今日の食事はきっとおいしいこと間違いなし! 少し待っているのは、きっと一人ひとりへのおもてなしがされていて、料理も一品一品ていねいに作られているからなんだ!!」

Aは、この状況がどれほど最悪だったかを表現して、文句ばかりが頭をよぎっている。

Bは、待っている理由をスタッフさんのおもてなしや、料理に対するシェフの評価で状況をポジティブに捉えている。

 

きっと、幸福度が高いのはB。

物事を見る視点を変えることで、見るものへの考えが180度異なることもあるんです。

 

だから、幸せにための視点をもっていれば、自然と幸せに。
不幸な視点を持てば、不幸に。

 

視点の違いで、幸せになれます。

 

③幸せとは、他人との比較をやめること

ボランティアをしていたときに、3人の女の子と出会い、
折り紙を教えていました。

そのとき、みんなで3回くらい鶴をおったけど、みんなの形も結構バラバラ。

 

それでも、その子たちは喜んでいました。

「最初よりもうまく作れたわ」
「あなたの鶴もかわいいね」

 

アメリカの文化にも関係しているけど
日本と比べてアメリカでは、一人ひとりが独立しています。

人はみんな、違うことが当たり前なんです。

 

だから、ムダに比較なんてしない。

それよりも、違いを認めて、相手のいいところを見つける。

 

それを身をもって感じたときに、

「なんでわたしはムダに相手と比較して、自分を苦しめているのか」

と思いました。

 

 

きっと自分たちの多くは、無意識のうちに、他人と自分を比べているはずです。

なぜなら、他人と比較することは、すごく簡単だから。

目に見えている他人と自分を比較することは、
考えなくても良いから簡単にできてしまうんです。

 

「あの人は勉強もできて、スタイルも良くてモテモテでいいな~。どうして私は…」

 

他人の良いところに目が行くことは、とても良いことだけど、
これでは、余計に自分が不幸だと感じてしまっています。

 

もちろん、比較対象があなたの「幸せ」で、
あなたがその幸せを得るために行動しているなら否定はしません。

 

でも、ただただ他人と自分とを比較して、
比較をした結果に自分がいやになるだけであれば、今すぐやめてほしい!!

それは、自分の幸福度をさらに下げているだけだから。

「幸せ」のために行動するならともかく、比較するだけで解決はできませんからね。

 

だからこそ、他人との比較をやめましょう。

人は人。あなたはあなた。

 

スポンサーリンク

幸せとはなにか。→見つけるもの。

私がボランティアをしていた地域で、
「幸せになりたい」と考えている人たちは、もちろんいるはず。

けど、それよりも今ある幸せを見つけることが
あまりにもその人たちの「当たり前」になっていたことに驚いた。

 

いま日本では、コロナの影響を受けているけど

「あなたは幸せ?」

って聞かれたら、迷わず「うん」って答えられるように、日頃から幸せを見つけておいた方がいいと感じます。

 

幸せを感じられないっていってる場合じゃない。

こういうときだからこそ、いまある環境で幸せを見つけて、その幸せを感じられる人たちと乗り切るしかない。

 

だから、わたしも今ある幸せをたくさん見つけます。

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

\ポチッとしてくれたらジャンプして大喜びします❤️/

 

スポンサーリンク

 

わたしのTwitterはこちらから