毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

無意味な日がなくなる「振り返りノート」がもたらす効果と書き方

こんにちは、マリアです。

 

困っている人
  • 結局今日何してたっけ?
  • 目標を決めたけど知らないうちに行動するの忘れてた...
  • 今日無駄な1日を過ごしてしまったな...

 

このようなお悩みを解決します。

 

私自身もこれまでに「無駄な1日」を過ごしたことが何度もあります。

 

生産性がなく、ただ単に1日の大半をSNSを見てボーッとしていたり、特に何もするわけでもなく、気づいたら夜だったということが...|ω·`)

 

でも、この「振り返りノート」を書き始めてから、「無駄な日なんてない」と思うことができました

 

なのでこの記事では、以下を紹介します。

  • 振り返りノートの効果
  • 振り返りノートの書き方と振り返り方
スポンサーリンク

 

無意味な日がなくなる「振り返りノート」がもたらす効果

振り返りノートの効果を紹介します。

  • 自分のできたことを見ることで、自信につなげることができるから
  • 自分の行動を振り返ることで、次に活かせるから
  • 自分を勇気付けることができる
  • 少しずつ成長をすることができるから
  • 自分の成長を見ることができるから
  • ストレス軽減・自律神経の安定を保てる

ひとつずつ紹介しますね。

自分のできたことを見ることで、自信につなげることができるから

ノートに書くことで文字として起こせるため、より具体的にその行動を見ることが可能です。

 

そして、その「自分のできたこと」を見ることは、今後自分にとって揺るぎない積み上げてきた「自信」となります。

 

自分の行動を振り返ることで、次に活かせるから

自分の行動を振り返ることで、「こういうふうにやっておけばよかったな〜」と思うことを確認することができます。

 

そして確認することで、次の行動に生かすことができるようになります。

 

自分を勇気付けることができる

自分の行動を見返して、その日の自分に少しでも貢献できたと思うことがあれば、それはとても良いことです。

 

  • 「仕事を時間通りに終わらせた」
  • 「帰宅後にブログを書き上げた」

などの行動をノートに書いてみましょう。

 

その達成したことは、必ずあなたにとって勇気となります。

書いた今は当たり前のことと思うかもしれませんが、継続していくと必ずこれまでの行動というのは勇気に変わるので、毎日毎日積み上げていきましょう。

 

それにたとえ、

  • 「ご飯を3食食べた」
  • 「掃除をした」

というようことであっても、これは自分の健康や心の健康を保つために必要なことです。

 

だから、どんな些細なことでもノートには書くようにしましょう。

今後辛い時の自分にとって大きな支えになります。

 

少しずつ成長をすることができるから

振り返りのノートは、前日よりも少しでも成長することを目的にしていることから、日に日に成長が見込めるようになります。

 

もちろん書くことを起点として意識を変えていく必要はありますが、書くことから自分の成長に繋げるきっかけになります。

 

自分の成長を見ることができるから

毎日の振り返りをノートに書くことで、後に振り返った時に、自分の成長を確実に見ることができます。

 

「1ヶ月前は、これができなかったけど、今できるようになって成長した!!」

「半年前は、まだ始めてもなかったけど、1日1日行動してきてよかった!」

 

こんなふうに思える日が必ずきますよっ!

 

ストレス軽減・自律神経の安定を保てる

書くという行為は、実はストレス軽減の役割もあると研究が出されているそうです。

 

自分の素直な思いをぶちまけるように書いてみましょう。

ネガティブな言葉を使うことを禁止していません!!

 

成長のためのノートだからという理由で、ポジティブな言葉ばかりを使って辛い思いをする必要はないんです。

 

また、文字を書く行為自体は、医学的に心身をリラックスさせて副交感神経を優位にさせる、ということがわかっています。

 

わたしたち人間は、目が覚めて活動的になっているときには、自律神経の交感神経が優位になり、
寝るときにはリラックスして副交感神経が優位になる必要があるんですね。

 

だから、このように健康で過ごすために必要なことを「振り返りノート」で済ますこともできます!

 

スポンサーリンク

振り返りノートの書き方と振り返り方

振り返りノートの書き方

それでは、実際に振り返りノートの書き方を紹介します。

  1. その日の行動の中で、良かったこと・気付いたこと
  2. その日をもう一度やり直せるとしたら行動すること

この2つを必ず書くことをおすすめしています。

 

理由は、以下の2つです。

  • 振り返りノートを書くことで、自分の後悔だけに焦点を置いたり、自己険悪に陥ったりするのを防ぐため
  • 無理の大きな変化をしようとするのではなく、1日1日少しずつ成長していって欲しいから

 

そして書く時のポイントは、長く書きすぎずに、数行で終わる程度にすることです。

これは、後々書くこと自体が苦痛になったりめんどくさくなり、継続という点では向かないという理由からになります。

 

最初のうちはいいんですが、途中で挫折する方の多いです( ´∵`)

 

もちろん日記のように、詳しく心情や行動を書くことは良いことなので、できる方はやっていただいても構いませんが、自分の続けられる範囲で行うことを優先しましょう。

 

また先ほどもお伝えしましたが、この振り返りノートでは、無理にポジティブな言葉を使うことは強制していません。

なぜなら、無理なポジティブさは苦痛にしかならないからです。

 

もちろんポジティブに考えることは大切なのですが、どうしても辛い時は

  • 「辛い」
  • 「むかつくーーーっっ」
  • 「もうダメだ」
  • 「最悪ーーーっ」

、、、なんて言葉を書いてしまっても大丈夫です。

 

そして大切なのは、②の「もしその日がもう一度あるならどういう選択をしてどういう行動をするか」です。

 

でもこれは少し回りくどいと思うかもしれませんね。

なぜなら、ストレートに言うと「自分がこうすればよかったと思うこと」を書いているだけだからなんです。

 

でも「その日をもう一度やり直せるとしたら行動すること」という言葉を使って書くことで、「まだチャンスはある」、「まだまだ終わっていない」と思うことができませんか?

 

最初から無理に自分に嘘をつく形で、言葉を書く必要はないです。

その代わり、その後にその言葉を良い方に回転させて変換してあげましょう。

 

振り返りノートの振り返り方

振り返り方としては、

  1. 1日の終わりの夜に振り返りノートを書く
  2. 翌日、先ほど②で書いた「今日をもう一度やり直せるとしたら行動すること」を再度見直す

先ほど「振り返りノートの効果」のところでもお話しした通り、夜に書くことで、医学的に心身をリラックスさせて副交感神経を優位にさせます。

 

だから、寝る前に交感神経と副交感神経のバランスを適切なものにして、1日を終えたほうが良いですね。

 

 

そして、翌日の朝にもう一度前日をやり直す気持ちで、できなかったことをやるために「振り返りノート」を見返して、意識を高めましょう

 

わたしは実際に紙のノートを使用して書いていますが、スマホのメモを使用していただいても大丈夫です。

 

自分にとって勝手の良い方法を選んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク

「振り返りノート」を書いて、無意味な日をなくそう!

いかがでしたか?

 

何かの目標があったり、あるきっかけで振り返りを行うことはこれまでにもあったと思います。

でもずっと継続して続けている方って意外と少ないです。

 

なので、この記事をきっかけに、振り返りノートを継続して1日1日成長する自分でいることを目標の一つとしてみましょう。

 

私自身ももう半年ほど書いていますが、自分の成長を可視化できるというのはとても良い方向に自分を動かしてくれます。

 

 

毎日を意味のある大切な1日にしていきたいと考えている方は、ぜひ「振り返りノート」を生活の一部に取り入れてみてくださいね!

 

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

こちらの記事も読まれています^ω^)

関連記事

こんにちは、マリアです。 困っている人 やりたいことなんてないな... 毎日ダラダラしてる... 人生を変えたい!!今回は、このようなお悩みにお応えします。[…]

関連記事

こんにちは、マリアです。 困っている人 夢ノートって聞いたことあるけど、どうやって書くの? 夢ノートって、ほんとうに効果あるの? イチロー/本田圭佑/チアダンが使ってたけど、どうや[…]

スポンサーリンク

\ポチッとしてくれたらジャンプして大喜びします❤️/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

わたしのTwitterはこちらから