毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

【完璧主義をやめたい人へ】根本の原因4つの解説とやめる方法6選

こんにちは、マリアです。

 

困っている人
  • どうしても完璧を追い求めてしまう。
  • 完璧になっても、まだ足りないのではと思ってしまう。

このようなお悩みにお応えします。

 

結論をいうと、完璧主義の根本の原因は、

  1. 自信がないから
  2. 周りを気にしすぎる性格のせい
  3. プライドが高い
  4. 責任感が強い

 

そして、完璧主義をやめる方法は、

  1. マインド力を鍛える
  2. 一つの仕事に対する時間制限を設ける
  3. 最終ゴールを先に設定する
  4. 細かいことを気にしないようにする
  5. 無駄なプライドを捨て、他人を信頼する
  6. 他人の声を聞く

わたし自身、学生時代は完璧主義者で、100%の努力をして100%の結果が出ないと納得できずに、精神的に満たされていませんでした。

 

だから永遠と勉強や部活、自分の好きなことを続けていましたが、自分が完璧主義になった根本の原因を見つけ出し、完璧主義を卒業することができました。

 

その経験と実際に読んだ本の知識を使用して、今回は、完璧主義をやめたい人に向けて記事を書いています。

  • 完璧主義の根本原因の解説
  • 完璧主義をやめる方法

 

完璧主義の根本の原因_4つの原因

完璧主義の根本の原因についてです。

 

大きく分けて4つあります。

  1. 自信がないから
  2. 周りを気にしすぎる性格のせい
  3. プライドが高い
  4. 責任感が強い

一つずつ解説します。

 

【完璧主義の根本の原因①】自信がないから

完璧主義の根本の原因の一つは、自信を持てていないからという事実があります。

 

なぜなら、どれだけ自分で行動をして、周りから讃えられても、自分の中での確信した自信を持てないからです。

 

このような状態になるのは、以下のような思考がある可能性が高いです。

「自分には自信がないからこそ、しっかりと仕事をしないと!」

「自信がないから行動するしかない!」

 

それに、ひたすら行動をしますが、結局のところ

  • 「完璧」がどの程度なのか
  • そもそも「完璧」になることが可能なのか

というようなことを、言葉で言えないことが多々あります。

 

自信がないことで完璧主義な人の特徴としてよくあるのは、以下の通りです。

  • 自信をつけるには、行動するしかない
  • そもそも仕事の分野の知識が少ない
  • これまでに大きな失敗をしてしまった
  • 周りに頼れる人がない

 

このように、自信がないために、完璧主義になってしまっている可能性があります。

 

【完璧主義の根本の原因②】周りを気にしすぎる性格のせい

周りを気にしすぎる性格のせいで、自然と完璧主義になってしまった可能性があります。

 

なぜなら、事実かそうでないかは置いておいて、過剰に周りの目を気にしすぎるせいで、異常に仕事に対する完璧度を上げてしまっているからです。

 

周りを気にしすぎる性格の人が持つ意識は、以下のようなものです。

「自分が何かミスをすれば、周りから批判されるのではないか」

「周りは、もっと努力することを求めているに違いない」

 

周りを異常に気にするせいで完璧主義になってしまう人は、以下のような経験をしている可能性があります。

  • 過去に周りの人から責められた
  • 自分がしたことに対して周りの反応が想像と違っていた
  • 周りからの評価が自分の価値となっている

このように、周りを気にしすぎるせいで、完璧主義になっていることもあります。

 

【完璧主義の根本の原因③】プライドが高い

プライドが高いと、それだけ自分に対する要求が高く、完璧主義になりやすいです。

 

プライドが高い人は、以下のような思想があります。

  • 「このくらいの仕事なら自分ならできる」
  • 「自分にできないはずがない」
  • 「自分はミスできない」

このように「自分は完璧でいたい」という欲望があなたを苦しめているかもしれません

 

プライドが高いせいで完璧主義になってしまう人の特徴は、以下ようなものです。

  • 大きな失敗をしたことがない
  • 周りの人を信頼できていない
  • 自分のステータス(地位)や評判を傷つけたくない

プライドが高いことで、完璧主義をやめられないことが根本の原因です。

 

【完璧主義の根本の原因④】責任感が強い

責任感が強いことが原因の可能性があります。

 

仕事を行う上で、責任感が強いことは良いことなのですが、度をこしてしまったり、自分と周りの状況が見えなくなってしまうと完璧主義者になってしまいます。

 

以下の意識になってしまうと、自分を苦しめるだけでなく、周囲との関係性も壊してしまうことがあります。

  • 「引き受けたことは絶対に成功させる」
  • 「自分がこんなに責任感を持って仕事に取り組んでいるのだから、同僚もそうすべきだ!」

 

責任感が強い人の特徴としては、以下のような可能性があります。

  • 自分の仕事に対する基準が高い
  • 失敗するのが嫌だ
  • 自分のせいで周りに迷惑をかけたくない

責任感が強すぎると、完璧主義者になってしまう可能性があります。

 

完璧主義をやめる方法_6選

完璧主義をやめるには、以下の方法があります。

 

  1. マインド力を鍛える
  2. 一つの仕事に対する時間制限を設ける
  3. 最終ゴールを先に設定する
  4. 細かいことを気にしないようにする
  5. 無駄なプライドを捨て、他人を信頼する
  6. 他人の声を聞く

一つずつ解説します。

 

【完璧主義をやめる方法①】マインドを鍛える

〜特に以下の特徴の方に効果的〜

  • 【完璧主義の根本の原因①】自信がないから
  • 【完璧主義の根本の原因②】周りを気にしすぎる性格のせい

 

完璧主義をやめるには、マインドを鍛えることが大切です。

 

なぜなら、完璧を追い求めるためにどれだけ行動をしても、「まだどこか、自分には足りないところがあるんじゃないか...」と考えてしまうからです。

こうなると、さらに行動をするというループに入り、結局終わりのないトンネルを走っている感覚になります。

 

だからこそ、メンタルを鍛えることが必要になり、マインドを鍛えることで自分自身の本来の価値に気づいたり、自信を持つことができます。

 

まず、自信がなかったり、周りの目が気になってしまう理由で完璧主義になった方に理解して欲しいのは、「自分自身を低く、否定的に捉えている」と考える人が多いということで、

 

でもこれは、あなたが生まれながらにそう捉えているというわけではなく、自分たちの思想は、今までに行なった学習・経験などの全ての情報が元になっています。

 

だから思想から起こる感情も、脳の中で過去の自分の記憶と結びつけているんです。

 

例えば、わかりやすい例を伝えると

「梅干を想像したら、口の中が酸っぱくなるような気がして、唾液も止まらなくなる」

→わたしたちの脳が、勝手に過去の記憶を引っ張り出してきている

「梅干=酸っぱいもの」と認識しているからです。※いわゆる脳が作り出した幻想。

 

だから逆に言えば、「梅干=酸っぱいもの」と認識していない人は、そんな幻想が起こらないわけです。

 

この原則を使うと、自分に価値がないと考える方は、過去にした嫌な経験で「自分を否定的に捉える」と脳が思わせるようなことがあったということがわかるはずです。

 

だから、過去の記憶とリンクさせないようにする必要があります。

と言っても、過去の記憶は消せないので、これまでの自分自身(自分は価値があること)を認めてあげるということが大切です。※信じるのではなく、まずは認めてあげる。

 

これまで自分で納得のいく結果が出せなかったり、失敗をたくさんして辛い経験もあったと思います。

でも、その辛い経験をしてよかったと思いましょう。

 

なぜなら、その経験をしていなければ、こうやって今までのいろんな経験をしてきた自分を見つめ直し、認めてあげるなんてしなかったはずだからです。

こうして認めてあげることで、自分のこれから自分がやることに対して頑張れる力がより強くなります。

 

自分自身と向き合う必要があるので、すぐにはできませんが、少しずつで良いので、これまでの成功も失敗も全て認めてあげてください。

 

そうすれば、自分に自信を持たせることができ、周りの評価に依存せずに、仕事に取り掛かることができます。(もちろん、仕事だけでなく、私生活に対しても言えることです。)

 

 

【完璧主義をやめる方法②】一つの仕事に対する時間制限を設ける

〜特に以下の特徴の方に効果的〜

  • 【完璧主義の根本の原因③】プライドが高い
  • 【完璧主義の根本の原因④】責任感が強い

 

完璧にしようとすると、それだけ一つの仕事に対する時間配分が多くなるので、先に時間制限を設けましょう

 

そうすれば、その時間内に仕事を行う必要が出てくるので、

  • どのタスクを優先すべきか
  • どこを細かく確認すべきか
  • どこを他人に任せられるか

このような基準が出来上がります。もちろん仕事なので、手を抜くようなことはできませんが、全てに置いて同じ労力を使わなくて良い分、完璧主義から自分と距離を置くことが可能です。

 

それに、他人に任せることで、相手との信頼関係の構築にも繋がります。

 

【完璧主義をやめる方法③】最終目的を事前に設定する

〜特に以下の特徴の方に効果的〜

  • 【完璧主義の根本の原因②】周りを気にしすぎる性格のせい
  • 【完璧主義の根本の原因④】責任感が強い

 

最終目的を先に設定することで、一つの仕事に対する最終ゴール地点を事前に把握することができます。

 

例えば、

資料作り → どのくらいの出来を想定して作るのかでは、作業時間もその仕事に対する労力も異なる。

 

まずは一つの仕事に対するゴールを決めることで、それ以外のことをしなくても良いという状態を作ることが可能です。

 

【完璧主義をやめる方法④】細かいことを気にしないようにする

〜特に以下の特徴の方に効果的〜

  • 【完璧主義の根本の原因②】周りを気にしすぎる性格のせい
  • 【完璧主義の根本の原因④】責任感が強い

 

あまりにも細かいことを気にするのであれば、あえて細かいことに気を配らないように意識することも大切です。

 

なぜなら、細かいところまで完璧にしようとする人に多いのは、粗探しを繰り返し行う癖があるからです。

何度も何度も資料などを見直して、指摘や修正を続けます。

 

もちろん仕事をする上で、細かいことに気を配るのは大切なことなので、気を配るというスキルは重宝して欲しいです。

 

だから例えば、

毎回気になるような細かい点がある

その点をチェックシートのようなものにまとめてみる

このような対策をしてもいいでしょう。

 

そうすればあなただけでなく、あなたの周りに対しても注意を向けることができ、部署や会社全体として、仕事の質が上がることもあります。

 

【完璧主義をやめる方法⑤】無駄なプライドを捨て、他人を信頼する

〜特に以下の特徴の方に効果的〜

  • 【完璧主義の根本の原因③】プライドが高い

 

無駄なプライドを捨てて、自分以外の他人を信頼することが大切です。

 

なぜなら、高すぎるプライドは、自分を完璧しするために自分自身を苦しめているだけでなく、他人からも信頼を得にくい状態にします。

 

「自分はできる!」という意識のもと仕事に取り組むことは効果的ですが、時には他人を信頼して、手助けをしてもらうことも大切です。

 

【完璧主義をやめる方法⑥】他人の声を聞く

〜特に以下の特徴の方に効果的〜

  • 【完璧主義の根本の原因①】自信がないから
  • 【完璧主義の根本の原因②】周りを気にしすぎる性格のせい
  • 【完璧主義の根本の原因③】プライドが高い
  • 【完璧主義の根本の原因④】責任感が強い

 

完璧主義になると、自分の中の「完璧基準」を満たすために行動を取るため、周りのことが見えなくなります。

これは、自分にムチを打っているだけでなく、周りも自分の基準を押し付けていることになります。

 

仕事を一緒にする、または頼む相手に自分の価値観を押し付けるのではなく、相手の考えにも耳を傾けることで、より働きやすい環境を作ることができます。

 

よって、あなたの周りの人たちがどう思っているかを聞きましょう。

マリア
仕事一つにしても「完璧」の度合いは異なりますからね。

 

チームワークが必要とされる仕事では特に、リーダーとメンバーとの壁をなくし、なんでも言い合える関係性を保つのが成功への鍵でもあります。

 

周りの声に耳を傾けてみましょう。

 

スポンサーリンク

完璧主義を卒業して、もっと気楽に行こう!

いかがでしたか?

 

この記事では、完璧主義をやめたい人に向けて、根本の原因はいくつかあるということをお伝えしました。

  1. 自信がないから
  2. 周りを気にしすぎる性格のせい
  3. プライドが高い
  4. 責任感が強い

 

そして、その根本原因をなくすためには、適切な解決方法を用いることが必要です。

  1. マインド力を鍛える
  2. 一つの仕事に対する時間制限を設ける
  3. 最終ゴールを先に設定する
  4. 細かいことを気にしないようにする
  5. 無駄なプライドを捨て、他人を信頼する
  6. 他人の声を聞く

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

 

こちらの記事も読まれています。

関連記事

こんにちは、マリアです。 人間は、完璧を求めるけど、完璧な人間なんてこの世に存在しない。そんな、完璧になりたがるけど、なれていないところに、人間としての面白味があるのではないかと、考える日々です。&[…]

関連記事

こんにちは、マリアです。 きっとこの記事を読んでくれている方は、自分が「頑張り過ぎているのでは?」とか感じている方が多いはずです。お疲れ様です!!!!! 実は、わたし自身もついつい[…]

 

スポンサーリンク

 

\ポチッとしてくれたらジャンプして大喜びします❤️/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

わたしのTwitterはこちらから