毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

他人が発する嫌な言葉が気にならなくなりました。脱・神経質!!

こんにちは、マリアです。

心ない嫌な言葉をかけられたとき、めちゃくちゃショック受けることないですか?

そして、考えないでおこうと思えば思うほど考えてしまって、より落ち込む...

何を隠そう、これは昔のわたしのことです!!!

 

心ない言葉をかけられると、すごく傷つくガラスの心を持っていて、敏感に感じてしまうんですよね。

 

こんな経験をしてきなたのは、わたしだけではないはずです。

 

なので今回は、わたしがどうやって他人が発する嫌な言葉を気にしなくなったのか
ということについてお話しします。

 

スポンサーリンク

他人が発する嫌な言葉が気にならなくなりました。脱・神経質!!

他人が発する嫌な言葉が気にならなくなった理由

もともとわたしは、他人からの嫌な言葉をキャッチするセンサーを搭載した人間でしたが、
本当に気にならなくなりました。

(かと言って、いい気分になるドMでもないですし、そもそも、心ないことを言うこと自体が悪いですけどね!!!!)

 

なぜかというと、そもそもその人たちを信頼していないということに気づいたからです。

だから、そんな心から信頼していない人の言うことなんて、
嘘だし、自分のことを何も知らない状態で言っているし、意味のないことだと考えるようになりました。

 

そして、そんな信頼していない人からの声よりも、
信頼している人からの言葉を信じようと自分の中での心持ちに変えたら、
知らないうちに気にならなくなったんです。

 

極論、自分以外の人は「他人」。

たとえ血の繋がった家族であっても、自分と全く同じ生き物ではないので「他人」なんです。

 

ましてオンラインで繋がった人のほとんどは、どこの誰かもわからない人で、
自分の情報発信をしている背景とか絶対理解していない人なんですよね。

 

でもそう言う人に限って、情報発信をする際にたまたま使った「ある言葉」に反応して、嫌な言葉をかけてきます。

 

そして昔のわたしを含め敏感な人ほど、そういう「他人」の言葉が響いてしまうんです。グサッと。

 

信頼している言葉以外をシャットダウン

信頼できるという「他人」のみの言葉以外をシャットダウンし、
信頼できる「他人」からの言葉をたくさん取り入れようとする姿勢を取り入れてみましょう。

 

もちろん嫌味ではなくきちんと意見を言ってくれる人もいるので、そういう方からの反応は
「そういう意見もあるんだな〜。世界を広げてくれてありがとう」という心持ちで。

 

でも、明らかナンセンスな反応に対しては、
「そもそも、あなたのこと信頼していないから、別に聞く必要もないので、シャットダウンします」
という感じで。

 

 

わたし自身、すぐにこの感覚がインストールできたわけではないので、しばらくはかかります。

(わたしは、1年以上Twitterをしていますが、ようやく慣れてきた感じです。と言っても、嫌な言葉を言われてハッピーにはなりませんが笑)

 

スポンサーリンク

他人の発する嫌な言葉はそもそも取り入れない姿勢になる

他人の発する嫌な言葉はそもそも取り入れないとは?

と言っても、正直難しいと思いますよね。

 

例えば次のシチュエーションを想像してみてください。

 

あなたには、好きな人がいます。

その人に告白しようかどうかを迷っています。

二人に相談しようとしました。

一人は、子供の子からの大親友。
そしてもう一人は、たまたま道端であった人(←絶対ないけど笑)

 

そしてここでの設定として、大親友は「告白してみた方がいいよ」というのですが、
通行人は「今はやめといた方がいい」と言います。

この二人の言葉から伝わる重みが違うのわかりますか?

 

大親友は、自分の性格やこれまでの経験をもとにアドバイスしてくれています。

でも通行人の人は、ノリで答えたり適当に答えただけで、なんの重みもないんです。

 

あなたは、どちらの言葉を信じますか?

 

もちろん前者ではないでしょうか?(たとえ結果がどうあれ、見ず知らずの人のアドバイスなんて怖くて聞けないですよね?)

 

だからこれと同じように、自分の意志によって信頼できる人は選べます

そして、その信頼できる人以外の言葉もシャットダウンできてしまいます。

 

取り入れるべきは、信頼する人からの言葉

いかがでしたか?

 

SNSなどのオンラインを始め、オフライン上でも言葉に傷つき、敏感に反応してしまう「他人」の言葉というのは、
大抵信頼していない人から出てきたものです。

 

だから先ほどの例のように、信頼していない「他人」の言葉をに真に受ける必要はないですし、
シャットダウンをしてしまいましょう。

そして、その分信頼する「他人」の言葉を取り入れるようにしましょう。

 

ただもちろんですが、発信する側の人間としても、大好きな相手に告白するような、、、とまではいかなくても、
しっかりと考えた情報を発信することは大切ですよ!

 

TwitterをはじめとするSNSでは、面と向かって相手に言えないということを逆手にとって、
平気で心ない言葉を言ってくる方がいるので、この方法で少しでもお助けできればと思います。

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

 

こちらの記事も読まれています!

関連記事

こんにちは、マリアです。 いろんな人を見てきて思うのは、「自分軸」を持っている人は、判断にブレがないなということ。 それとは逆に、ブレブレの人ほど優柔不断だし、いろんな人の意見を聞[…]

 

スポンサーリンク

 

 

\ポチッとしてくれたらジャンプして大喜びします❤️/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

わたしのTwitterはこちらから