毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

夢が見つからないなら、他人の夢を聞こう!みんなの夢を知る方法_3選

こんにちは、マリアです。

 

困っている人
夢が見つからない。
みんなどんな夢を持ってるんだろう。

こんなお悩みにお応えします。

 

夢が見つからないときに、自分以外のみんなの夢を知る方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

みんなの夢を知る方法_3選

他の人の夢を知る方法を3つ紹介します。

  • つながること
  • 本を読むこと
  • 講演会やセミナーに参加すること

一つずつ解説していきます。

 

【みんなの夢を知る方法1】つながること

とても効果があるのは、人とつながることです。

なぜなら、夢を持っている人とつながることで、

  • 相手の夢を知る(だけでなく、)
  • 夢に対する意識が変わる
  • モチベーションをもらえる

などの効果があります。

 

Twitterではとくに、夢に向かって努力をしている人たちを見かける機会が多くなりました。

 

そういう方を見かけたら、ぜひフォローをして繋がりましょう

その方々の投稿に刺激をもらえること間違いなしです。

 

比較的SNSの使用率が高い20代の方であれば、
同じ年なのにこんな活躍をしているのか、と驚かされることも。

 

実は、私もその一人です。

Twitterをしていなかったら、
会社員をやめてフリーランスとして働くことなんてなかったです。

 

【みんなの夢を知る方法2】本を読むこと

直接人と繋がれない場合は、本を読むことで、
その著者やその本に書かれている人の夢に触れることができます。

 

生身の人と会うよりも、温度感は出ることはありますが、
人の夢に触れることはできます。

この世の中には、夢をテーマに活躍されている方がたくさんいますよね。

 

夢を持って努力している人は、偉人で普通の人と違う、
なんてイメージもあるかもしれませんが、そういうわけではありません。

人それぞれ毎日の生活がある中で、
夢を持ち叶えようと努力をしている方が多いです。

 

実は、この本は大学生の時に先輩からおすすめされた本なんですが、めちゃくちゃおすすめします。


年齢別に1歳から100歳までの人が夢を書いていて、
いくつになっても夢を描くことを忘れてはダメだと教えてくれます。

 

それに、「もし私が80歳だったら、この人みたいにこんな夢を描くのかな」
と想像するのも、この夢を集めた本の醍醐味です。

 

夢を聞いて、「共感」や「感動」をたくさん感じてみましょう

 

【みんなの夢を知る方法3】講演会やセミナーに参加すること

実際に夢を叶えている・叶えようとしている人たちの講演会やセミナーに参加しましょう。

夢をテーマに大人が本気で夢を語る大会や講演会が、全国で開かれています。

 

人の夢を直接耳で聞くのは、
本やSNS上で間接的に頭に入れるのとは、全く違う感覚を持つはずです

 

また、生身の人間が、本気で夢について語り、
こんなにも熱くなるのかと感動するし、

夢だけでなく、そのプレゼンターの
これまでの人生の苦悩や努力を直接感じることができます。

 

ちなみに、プレゼンターが語るだけでなく、話を聞いている人も一緒に夢について考え、
共有し合うような機会も設けられた講演会もあります。

 

わたしも大学生の時に「夢」をテーマに活動をしていました。

学生に夢を持ってもらうためにプレゼンや、学生の夢を集めた本を創作していたので、
多くの人の夢が集まる場所には、それだけエネルギーが溜まっているなと感じます。

 

講演会やセミナーなどに参加することで、刺激をもらいましょう。

 

スポンサーリンク

夢がないなら、いますぐ他の人の夢を聞こう!

いかがでしたか?

 

夢を語る人と繋がることで実感する方も多いかもしれませんが、夢は幅広いです。

 

これを機会に、夢をもっと幅広く捉えてみましょう。
身近な人を幸せにするのも立派な夢ですし、世界平和を願うのも素敵な夢です。

 

また、他の人の夢を聞くことで、自分の夢を見つけることができたり、
興味が湧く分野が増えたり、あなたの視野も広がる
はずです。。

 

夢に困った時は、周りの声に支えてもらいましょう。
そして今度は、あなたが周理の人を助けてあげる日が来るかもしれませんね。

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

こちらの記事も一緒に読まれています。

関連記事

こんにちは、マリアです。 困っている人夢がない...夢を見つけるためには何をすればいいの?夢を見つけるメリットって何?こんなお悩みにお応えします。 この記事[…]

 

スポンサーリンク

 

\ポチッとしてくれたらジャンプして大喜びします❤️/
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

わたしのTwitterはこちらから