毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

【時間がないを卒業!!】効率的な時間の使い方_簡単にできる3ステップ

こんにちは、マリアです。

 

困っている人
「自由に使える時間がないからこそ、効率的に使わないとな...」
「自分の夢を追いかけるためにもっと時間が欲しいけど、仕事もしてるから...」
「スケジュール通りになかなか進まない...」
このようなお悩みにお応えします。
この記事は、以下の2つについてです。
  1. 時間を効率的に使う方法(準備編)
  2. 時間を効率的に使う方法(実践編)

 

わたしは以前、時間を効率よく使うことができずに、
1日を振り返った時「何もしていない」という日がありました。

でもこの方法を実践することで、時間にメリハリが出て、
達成感や幸福感を味わえるように!!

 

スポンサーリンク

 

時間を効率的に使う方法(準備編)

時間を効率的に使う方法として、まずは準備編を紹介します。

  1. 自分の1日の見直し
  2. 時間の使い方を分析してみる
  3. エネルギーが使える時間を把握する

一つずつ解説していきます。

 

自分の1日の見直し

自分の1日のスケジュールを見直しをしてみましょう。

これは、1日に本当はどのくらいの時間が使えるのかを把握するためです。

 

実は、メンタリストのDaiGoさんもお話しされていますが、
1日のうちに意外にも無駄な時間を過ごしています。

だからこそ、自分の1日のスケジュールをまず自分の行動を把握しましょう。

 

やり方は簡単です。

  1. 紙とペンを用意する
  2. 朝起きてから寝るまでの間、行動するたびに何をするかをスケジュールに書き込む
  3. これを1週間記録する

行動をするたびに、見落とさずに書苦ことが大切!

自分で書いてみると、いかに自分が無駄に時間を過ごしているかがわかります。

 

どんな1日を送っているかの記録を取って、1日の見直しを行いましょう。

 

時間の使い方を分析してみる

1日の見直しを行った後、時間の使い方を分析してみましょう。

分析を行うことで無駄な時間をなくし、
最大限に時間を作ることができます。

 

やり方は簡単です。

自分の1日の行動を見返し、必要不可欠なものとそうでないものを分ける。

1日あたりに「自分が使える時間」がどのくらいあるかを計算する。

マリア
(24時間)ー(必要な時間)=(必要でない時間) を計算する。そうすると最大でどれだけの時間が使えるかがわかる!

どの時間に効率よく行動ができるかを把握する

マリア
「お昼ご飯の後は眠たくなるから、行動しても効率が悪くなる。でも、夕飯の後なら行動できる!」 こんなふうに、効率よく行動できる時間を探しましょう。

この3つのステップを踏むことで、24時間のうちに、効率よく行動できる時間を把握することができます。

 

 

時間を効率的に使う方法(実践編)

では次に実践編として、時間を効率的に使う方法を紹介します。

 

実践編では、以下の3つです。

  1. やることを洗い出す
  2. スケジュール化する
  3. やることを消化する

一つずつお話しします。

 

やることを洗い出す

まずは、自分の「やること」を洗い出しましょう。

「やること」の洗い出しは、自分が理想の姿になるための
「道のり」を小さくタスク化したものです。

 

やることを洗い出す時は、優先順位も意識をすることが大切です。

 

例えば、

「2ヶ月後までにYoutubeの登録者数を1000人にする」という夢であれば、

  • 1ヶ月で500人
  • 1日で17人

その人数を増やすために

  1. Youtuber達の動画を見てコンテンツの作り方を学ぶ
  2. サムネイルの作り方を勉強する
  3. SNSからの誘導を作る

などなど

一つの夢に対して、小さく分けていくことで、日単位でやることが見えてきます。

そうすることで、道からブレることなく、進むことができます。

 

詳しいタスクの作り方は、最短で夢を叶える方法_6ステップ【がむしゃらに頑張るのは非効率です】でどうぞ。

 

スケジュール化する

次にやることは、箇条書きにするのではなく、スケジュールに落とし込みます。

なぜなら、箇条書きにするとやることを書きすぎるからです。

 

みなさん、箇条書きをすると欲張りさんになります。

必然的に24時間では終わらなくなる。

 

そうすると大抵の場合は、やることが消化できずに嫌気を差してしまったり、
自分の能力を疑ったりしてしまいがちです。

それを防ぐために、実際にスケジュール帳を使います。

スケジュール帳はアプリでも紙媒体でも、なんでもOKです。

 

やり方は、以下の通り。

必ずやること(必要不可欠なこと)を、スケジュール帳に埋める

効率よくあなたの「やること」ができない時間を休憩時間、または自由時間として埋める

残りの時間にあなたの「やること」を埋める。

マリア
この時は、自分がそのタスクをを行うために「どのくらいの時間がかかるか」目安として持つことが大切です。最初のうちは、少し多めに時間を取るようにしましょう!

こうすることで、箇条書きに「やること」を書くよりも、
よりタスクを行う時間を意識でき「決まった時間に行うという力」を養えます。

 

箇条書きで「やること」を作るのは卒業をして、スケジュール化をする癖をつけましょう。

 

欲張ってついつい詰め過ぎてしまう方は、処方箋としてこちらをどうぞ。

関連記事

こんにちは、マリアです。 きっとこの記事を読んでくれている方は、自分が「頑張り過ぎているのでは?」とか感じている方が多いはずです。お疲れ様です!!!!! 実は、わたし自身もついつい[…]

やることを消化する

先ほど決めたスケジュール通りに、やることを消化していきましょう。

決めたことは、そのスケジュール通りに行うのみ!!

 

でも意識してほしいことは、

①もっと効率よく行える方法はないか、と考える癖をつけること
→作業によっては重複していたり、
何かツイールを使えば、もっと効率よく行えるものも。

②決めた時間だけ集中することが難しい場合は、それもメモに取っておくこと。
→まだ慣れていないために集中できない場合と、
自分の集中力の長さに関係がある場合が。

これは、自分のタスクや脳の作りよって異なるので、やっている間にわかってきますよ!

少しでも効率よく行える方法を探していきましょう。

 

また、きっと最初のうちは、スケジュールを決めても
習慣がついていないので、継続が辛いと思います。

そのような方は、【継続のコツ】継続できない人→仕組みづくりで解決できますで、詳しく解説しているので、気になる方はどうぞ。

 

スポンサーリンク

自分の生活を見直すことで、時間は効率よく使えるようになる!

いかがでしたか?

 

1日の生活を見返すと意外と無駄に過ごしていることがあります。

まずは、自分の1日の過ごし方を見て、
どのくらい自分のために使える時間があるかの把握を。

その後、やることを明確にしてスケジュール化することで、
時間を効率よく使うことができます。

 

ちなみに、日本人の平均通勤時間は毎日1時間20分と言われています。

単純計算で1週間で400分(6.7時間)、1ヶ月で1600分(26.7時間)、1年で19200分(320時間)。

衝撃が走りますね。

 

だからこそ自分の集中できる時間を把握し、うまく時間をコントロールしましょう。

ほんのわずかな時間でも積み重ねることで、かなりの時間になります。

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

\ポチッとしてくれたらジャンプして大喜びします❤️/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク
わたしのTwitterはこちらから