毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

気分転換でリフレッシュ!【今すぐできる無料のおすすめ方法_3選】

こんにちは、マリアです。

 

あなたは普段から気分転換をしていますか?

今回は、「気分転換」についてお話ししたいと思います。

 

気分転換でリフレッシュ!

気分転換でリフレッシュしませんか?

 

効率を上げることができますよ!

 

人間は、集中できる時間が決まっています。

目安としては、

子ども:約30分

大人:約40~50分 (最長でも90分)

集中力というものは、作業を始めると徐々に高まります。そして、自分の集中できる時間を過ぎると降下します。

 

よって、自分の集中できる時間で、一度作業を切って、再度始める方が効率がかなり高まります。

 

よくあるのは、集中力が切れているにもかかわらず、とにかく手や頭を動かそうとすることです。

実は、私もそうでした。

 

でも、本当に大切なのは「気分転換」の方法を知り、効率を高めることです。

 

また、気分転換というと、たまにするものだと思いがちですが、気分転換は、1日に行う作業の間に何度もしていいものです。むしろ、作業の間に何度もした方が効率が上がります

 

スポンサーリンク

今すぐできる気分転換の方法

今すぐできる気分転換の方法をお伝えします。

気分転換の方法_瞑想

瞑想です。

ヨガを行ったことがある方は、わかるかもしれませんが、瞑想は目をつぶった状態で呼吸を整え、姿勢を正して集中して行うものです。

 

なぜ、瞑想が良いのかというと、瞑想状態に入ると、脳波はアルファ波を出します。そして、アルファ波は心身がリラックスする効果があり、同時に、何かに意識を集中できる状態にします。

 

実際に、アメリカの大学で研究が行われており、瞑想によって、集中力が高められる効果が発見されたとのことです。

 

メンタリストのDaiGoさんも実際に瞑想の効果をYoutubeで公開しているので、効果は証明されていますね。

 

よって、瞑想状態に入って何かに集中することで、自分が行う作業の効果が自然と上がるようになります。

そのほかにも、瞑想を行うことで自分と向き合ったり、心の整理ができると言われています。

気分転換の方法_深呼吸

深呼吸をしてみましょう。

 

以前このようなツイートを行ったのですが、深呼吸を行うことで、メリットがたくさんあります。

https://twitter.com/mariaself_dream/status/1220081334984548355?s=20

 

その一部として、頭の中がすっきりしたり、緊張がほぐれるなどの効果があります。

 

深呼吸を行うことで、そのような効果がある理由は、大量の酸素を体内に取り入れることで、脳の活動を活発にすることができるからです。

私たち人間は、体に取り入れた酸素のうち約20%は脳の活動に使っています。

 

そのため、新鮮な空気を吸い、脳に与えることで、脳の動きがさらに良くなります。

 

気分転換の方法_立って、体を動かす

立って、体を動かしましょう。

 

理由は、立つことで脳に新しい刺激を送ることができ、集中力の持続の効果があるからです。

 

大抵の場合、私たちは仕事などの作業を行う時は、座った状態で行います。

実は、数多くの研究から、15分以上座っていることで、認知能力・集中力が低下することがわかっています。そして、その2つが下がることで、効率も落ちます。

 

だから、まずは座っている状態から立ち、お手洗いや自動販売機までなど、少しの距離を歩くことを意識してみましょう。

 

今日から気分転換をやってみよう

今日から気分転換をやってみましょう。

 

先ほど紹介したものは、すぐにでも始めることができます。

 

気分転換というと、旅にでたり、買い物をしたりなどを行っていることもあります。

もちろん、そのような行動に出ても問題はありません。

 

でも、少し時間やお金がかかりますよね?

 

私も日帰り旅に行ったりするのですが、帰ってきた頃にはクタクタで、気分も転換されたのかわからないという感じです。笑

 

なので、一度上に挙げたような方法で、気分転換を行ってみてくださいね。

どの方法も今すぐできて、お金もかかりません。でも効果は抜群です。

 

気分転換で、夢に向けての作業効率を上げていきましょう!

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。

この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

\ポチッとしてくれたらジャンプして大喜びします❤️/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

スポンサーリンク

 

わたしのTwitterはこちらから