毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

自分の成長・変化がわかる毎日を想像できますか?〜いい方法あります。

こんにちは、マリアです。

 

もう今日で今月も終わりですね。

 

今月もお疲れ様でした。

 

「ふぅ〜、今月も終わりか。」

「今月も早かったな〜」

 

と、いろいろ思うことはあると思いますが、ここで質問です!!

 

今月の初日のあなたと最終日のあなたを比べて何か思うことはありますか?

 

スポンサーリンク

 

今月の初日のあなたと最終日のあなたを比べて何か思うことはありますか?

例えば、、、

 

今月の初日のあなたと最終日のあなたは違うっ!!!

と思ったのなら、どういうふうに違うか説明できますか?

 

今月の初日のあなたと最終日のあなたは変化していない!!!

と思ったのなら、変化していない理由はなんでしょうか?

 

 

正直のところ、「絶対成長しないといけない」という決まりを押し付けられているわけではありません。

 

のんびり過ごすのもいいし、変わらない毎日を送るのも全然いいことです。

 

 

でもいろんな経験をして、多くの人と関わり合った私が思うに...

毎日変化と成長を感じ、自分の心と体でそれを実感することはもっといいことだと断言します。

 

 

だって、私たちの多くは、全く同じことを繰り返していただけでは「飽き」を感じてしまうからです。

そうなると、毎日に変化がなくただ繰り返しているだけだという気になったり、ただ時間を過ごしているだけという気になったり...

 

 

こういう状況になると、または、こういう状況になる前に、私たちの多くは何かをしようと考えます。

 

だから、年始や月初に

 

「今年は、英語を勉強し始めよう!」

「資格の勉強をして絶対合格するぞ!」

 

と心に決めたり、断言することが多いんです。

 

 

いわば、自分の中にある「暇」な時間を何かに使おうとしているんですね。

 

たとえ、このように顕在意識のレベルではなくても、潜在意識ではほぼ全員が考えています

 

でも同時に私たち人間は、新しいことを始めると同時に「これまでの自分と自分を取り巻く環境を変えたくない!」と強く願う生き物でもあります。

 

だからここでジレンマに挟まれて、大半の人は三日坊主という言葉もあるように、変化することを続けようとしないんですね。

 

逆にいうと、このジレンマを乗り越えるために工夫をしてしまえば、こっちのもん!!

 

 

じゃあどうすればいいのか?

 

達成感や成長などを実際に感じながら取り組むことで、変化を感じながら飽きずに行動を続けることができます。

 

では、実際にどうやって自分の成長と変化を目で見ながら、毎日を過ごすのかを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

自分の成長・変化がわかる毎日を想像できるようになる方法

私も実際にやっている方法を紹介します。

 

学びノートの作成

今日1日で学んだことをノートに書きましょう。

 

なぜなら、1日1日の変化は目にはっきりと見えないので、わかりづらいからです。

だから、どんな些細なことでも昨日まで知らなかったことを学んだら、それは前日のあなたとは違うことになります。

 

そんな小さな変化も見逃さないように記録を取るんです。

 

これは、録音を使ってもいいですし、PCのメモ機能を使用しても構いません。

 

でも、とにかく前日の自分と変化をつけるために必ず書くようにすることが大切です。

それに、長文を書く必要もありません。

 

 

「箇条書き」「シンプルに」を念頭において、ささっとメモができるくらいでOKです。

 

 

初めのうちは、記録を取ること自体に煩わしく感じるはずです。

 

でも私たちの脳は、いろんなものに影響を受けるので、そのくらいしてあげたほうが自分にとっていい結果を導きます。

 

例えば、

あなたは「今日Excelで新しい関数を使えるようになった!」と成長を感じました。

 

でも、あなたの職場では、「そんな基礎的な関数誰でも知ってるわよ!」とちょっと嫌味に言ってくる同僚がいるんです。

 

そうするとあなたの脳は、「知っていて当たり前だったよな。」と少し前まで自分の成長だと感じていたものを錯覚させて、
あたかも「知っていて当然の知識だ」、「以前から知っていた知識だ」と自分が傷つかないように補正してしまう傾向があります。

 

 

これが、脳の中に自分の成長を置いておくのは、やめておいた方がいい理由です。

 

だからこそ素直にメモって、文字として事実を記録しておくことで、
脳の中で情報が上書きされる前に、自分の成長を確実にあったものとさせてくれます。

 

 

あれ?めちゃくちゃ簡単だな...

 

って思いませんか?

 

私自身も「なんだこれ?」と最初は疑っていました。

 

けど、どんな些細なことでもノートに書いてみると、私たちって毎日少しずつ新しいことを覚えたり、
いろんな思想から思いを巡らせて新しい発見をしていたりするんですよね。

 

 

自分自身もノートに書き出すまで気づかないようなことも結構考えていたりしていたんです。

 

でも改めて文字に起こすことで、自分の頭の中の整理をすることもできるし、
より前日の自分との変化と成長を目の当たりにすることが可能になりました。

 

 

自分の頭の中で思ったことを、そのままノートに書いていくことで、あなたの中での「できた」が増えていくはずです。

 

是非参考にしてみてくださいね。

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

こちらの記事も読まれています!

関連記事

こんにちは、マリアです。困っている人「決めたことは継続したいけど、できない。」「簡単に継続する方法はあるのか?」 このようなお悩みにお応えします。 今回は、以下の2[…]

 

スポンサーリンク

 

 

わたしのTwitterはこちらから