毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

DMM英会話_英会話講師直伝!!質の高い講師を選ぶ方法_7選

こんにちは、マリアです。

 

困っている人
  • DMM英会話をはじめたけど、講師の人が多すぎて誰を選べばいいかな?
  • せっかくなら細かく教えてくれる講師がいい!
  • 楽しくレッスンできて、かつ、きちんと褒めてくれる講師がいいな

今回は、このようなお悩みにお応えします。

 

講師が多いのはいいけど、多すぎて「誰を選べばいいの〜??」ってなりますよね。

 

マリア
私が生徒としてDMM英会話を受けていた時は、「評価(☆)が5の講師なら大丈夫だろう」と、てきとーに選んでいたので、失敗したことがあります。

 

先にお伝えすると、『質の高い講師を選ぶ方法』は以下の通りです。

  1. 講師の資格で選ぶ
  2. 評価が5の講師を選ぶ
  3. 講師歴が3年を選ぶ
  4. 評価内容を確認する
  5. ビデオ動画を見る
  6. 共通の趣味や経歴を持っている講師を選ぶ
  7. 自分の習いたいスキルや分野に特化している講師を選ぶ

 

なのでこの記事では、「これだけ押さえておけば大丈夫!」という3点を詳しく解説します。

  • DMM英会話_質の高い講師を選ぶコツ
  • DMM英会話_質の高い講師を選ぶ方法
  • DMM英会話_質の高い講師を選ぶときの注意点

この記事に書いていることを気をつければ、講師を選ぶときに失敗しないので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

早速DMM英会話で講師を選んで見たい方は、こちらからどうぞ>>DMM英会話

スポンサーリンク

DMM英会話_質の高い講師を選ぶコツ

質の高い講師を選ぶコツを紹介します。

 

質の高い講師とは?

まず、あなたにとって質の高い講師とは、どんな講師なのかを明確にしましょう。

 

なぜなら、講師によってそれぞれの得意分野が異なるからです。

 

例えば、文法を完璧にするためにレッスンをしたいのに、スピーキングの教え方は上手くても、文法を教えるのが苦手な講師だと意味がないですよね。

また、正しいアメリカ発音を学びたいのに、発音に訛りがある講師だと学べなくないですか?

 

ただ、英会話講師として質の高い講師の基準をお伝えすると以下のようになります。

  1. 英語を教えること自体のスキルがあること
  2. 文法・英単語を間違わずに話せること
  3. 発音になまりがないこと
  4. 聞き上手であること
  5. 褒め上手であること

この基本的に質の高い講師と言われる基準にクリアして、かつ、自分の伸ばしたいスキル・分野に特化した講師を選ぶのが得策です。

スポンサーリンク

DMM英会話_質の高い講師を選ぶ方法_7選

それでは、特化したいスキルで講師を選ぶ際の方法は以下の通りです。

 

一般的に質が高い講師の選び方は、以下の7選です。

  1. 講師の資格で選ぶ
  2. 評価が5の講師を選ぶ
  3. 講師歴が3年を選ぶ
  4. 評価内容を確認する
  5. ビデオ動画を見る
  6. 共通の趣味や経歴を持っている講師を選ぶ
  7. 自分の習いたいスキルや分野に特化している講師を選ぶ

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

①講師の資格で選ぶ

「英語を教える」ための資格を持った講師を選びましょう。

 

なぜなら、資格を所有しているということは英語を教えるための訓練を行い、原則教えるスキルを持っているという意味だからです。

 

あまり大々的には言われていませんが、DMM英会話の講師の中には、英語を教えることに特化した資格を所有している講師たちがいます

 

例えば、その資格というのが、以下の3つです。

  • TESOL
  • ELT
  • ESL

まず、TESOLとは、何かというと...

 

TESOLとは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語が母国語ではない人々向けの英語教授法に関する資格のこと。

 

これは、世界中で英語を教えるための一つの証明となる国際資格の一つです。

近年、様々な英会話スクールが登場している中で、TESOLの資格を保有していることを一つの基準として講師募集をしているスクールもあります。

 

マリア
かなり認められている資格ですね。

 

ELTも、英語を教えるスキルがあるという一つの証明になります。

ELTとは、English Language Teachingの略で、 英語教授法のこと。

 

ESLも、英語が母国語ではない人に英語を教えるための資格です。

ESLとは、English as a Second Languageの略で、英語を第二外国語としている人に向けて教えること。

 

オンライン英会話が多様化しているため、講師の質もピンキリなところ点が問題ですが、このような資格を元に選ぶことは、かなりの確実で質の高い講師以外を除外することができます

 

 

この資格を持った講師を選びには、以下の「予約・講師検索」画面の検索画面で、以下のように『TESOL』と検索にかけてみてください。

②評価が5の講師を選ぶ

評価が5の講師を選びましょう。

なぜなら、これまでその講師に教えてもらった生徒が評価して、良い先生だと認めているからです。

 

例えば、2人の講師が生徒100人に評価されたときに、4よりも5と評価された講師の方が、質が高い可能性が高まりますよね?

 

講師を見ていると、5の評価をもらっている方も多数いるので、ぜひ講師を選ぶときに参考に!

 

評価は、以下のように5段階<☆☆☆☆☆>で付けられています。

③評価内容を確認する

②の評価を見たついでに、評価内容を確認しましょう。

なぜなら、どうして生徒がその評価をつけたか、その講師が何に特化しているかがわかるからです。

 

例えば、評価が5のある2人の講師の評価内容には、以下のように書かれています。

英会話講師Aさん

  • 話している英文の一つ一つで、正しい文法になるように指摘してくれました。
  • チャットボックスを利用して文法を教えてもらったので、助かりました。

英会話講師Bさん

  • 今後どのように勉強を進めていくべきかを親身に教えてくれた。
  • スピーキングをする時のイントネーションのコツを教えてもらいました。

もちろん、一つの参考にではありますが、講師Aさんはかなり文法面でかなり詳しく教えてくれそう、ということが分かります。

 

このように生徒がつけた評価内容を見ることで、講師の得意分野がわかるのでおすすめです。

 

評価内容を見る時は、講師を選択し、「評価・コメント」をクリックします。

そうすると、「評価の内訳」と生徒からのコメントを見ることができます。

 

④講師歴が3年以上を選ぶ

講師歴が3年以上を選びましょう。

 

なぜなら、それだけ講師としての経験があるという目安になるからです。

 

例えば、講師歴3年以上の講師と新人講師であれば、一人の生徒に対してどうやって英語を教えるかという手順や方法を知っているのが、前者の講師歴3年以上の講師だということが分かりますよね?

 

もちろん例外があるのも当然ですが(後に解説しています)、選び基準となるので、押さえておきましょう。

講師を選んだときに、以下のように「講師3年以上」というマークが付けられています。

⑤ビデオ動画を見る

講師の自己紹介に掲載されているビデオ動画を見てみましょう。

なぜなら、その講師の英語の流暢さや発音、雰囲気を確認することができるからです。

 

例えば、もしあなたが発音に力を入れたいなら、発音になまりがなく、綺麗な発音ができている講師を選ぶ方が、あなた自身のためになりますよね?

 

また、文面だけではわからない親しみやすさやその講師の雰囲気も確認できます!

 

ぜひ講師を選ぶ前に、ビデオ動画で講師を見てみましょう。

 

講師のビデオは以下の「動画を見る」をクリックすると見ることができます。

 

⑥共通の趣味や経歴を持っている講師を選ぶ

共通の趣味や経歴を持っている講師を選びましょう。

なぜなら、話が盛り上がりやすく、より親近感を湧いてもらえるからです。

 

例えば、自己紹介をしたときに、あなたが興味のない日本アニメが好きだと言われても、あまり話は盛り上がらないですよね?

でも、もしあなたの好きな映画が講師の好きなものと同じであれば、それだけで会話は弾むし、レッスンの流れもよくなります。

 

特にフリートークで自分の趣味について話し合いたい場合は、この点は大切です。

 

講師の自己紹介ページの「趣味」のところから、講師のことを知ることができるので、ぜひ確認してみましょう。

 

⑦自分の習いたいスキルや分野に特化している講師を選ぶ

自分の習いたいスキルや分野に特化している講師を選びましょう。

なぜなら、「英語を教える」というスキルだけなく、プラスしてその講師が持っているスキルを教えてもらうことができるからです。

 

例えば、ビジネス英語を学びたい場合は、ビジネス英語を話すことができる講師を選ぶ方が、学びたいことが学べるレッスンにできます。

 

反対に、英検などの資格に焦点をおきたい場合は、英検対応の講師を選びましょう。

 

講師それぞれ得意分野があるので、上手くそれを利用していくことが大切ですね。

 

以下のように「特徴」を記載しているところに、その講師が得意としているものが見つけられます。

 

スポンサーリンク

DMM英会話_質の高い講師を選ぶときの注意点

DMM英会話で質の高い講師を選ぶ時の注意点をお伝えします。

  1. 評価がいい=質が高いではない
  2. 気になる講師は試して、合わなければ一度きりで終わり
  3. 新人講師の中にも質の高い方が混ざっている
  4. ネイティブは意外と教えるのが苦手な人も多い
  5. 美人・イケメン講師の実物は写真と異なるかも

 

①評価がいい=質が高いではない

上で、評価のことを言っていますが、必ずしも「評価がいい=質が高い」ではありません。

なぜならば、人によって好む講師が異なるからです。

 

例えば、

  • あなたも講師もよく話す場合

→お互いに話し合い意見を言う合うことで、確実に英会話力は高まります。

  • あなたがシャイで話すこと自体が苦手で、講師だけがよく話す場合

→あなたが聞き役になっていると、英語力を伸ばすのに最適な環境とは言えなくなります。

 

 

このように評価が高くても、おしゃべりな講師もいます。

 

マリア
授業が終わった後に、「あれ、今日わたし英語喋ってない...」みたいになることも正直あるある...。

 

だから、評価が良いからと言って、あなたにとって質の高い講師とは限らないので注意しましょう。

 

②気になる講師は試して、合わなければ一度きりで終わり

気になる講師はレッスンを試して、もし合わなければ一度きりで終わりにしましょう。

 

なぜなら、DMM英会話では7510人を超えているからです。(2020年10月17日現在)

もちろん先ほどお伝えした通り、質の高い講師はその中でも限られてきますが、一度自分に合わなかったら、次のレッスンから講師を変えてしまえばいいんです。

 

そのために多くの講師がいますからね。

 

例えば、少し気になる講師がいれば、お気に入りに入れておく。そして、もし自分に合わないと感じたら、お気に入りを解除してしまえばOKです。

 

マリア
講師側では誰が自分のお気に入りに入れているのかが分からないので、気にしなくても大丈夫ですよ。

 

③新人講師の中にも質の高い方が混ざっている

新人講師の中にも、質の高い方が混ざっていることがあります。

 

なぜなら、その講師は本業で英語講師をしていたり、それまでに英語を教えているが経験あるかもしれないからです。

 

例えば、DMM英会話では自分の好きな時間に講師をすることができるので、本業が終わってから講師をしている方がたくさんいます。

そのためDMM英会話での講師歴3年以上の方よりも、教えるのが上手な方がいるのも事実です。

 

マリア
でも、正直このような講師を見つけるのは難しい...。

理由は、新人講師はある一定以上の数の評価がつかないと評価の内容が見れないからです。

 

よって、新人講師の方々の中で質の高い人を見つけ出すのは難しいです。

でも、「新人講師=未経験で教えるのが上手くない」というのは間違っているので、この事実を頭の中に入れておきましょう。

 

④ネイティブは意外と教えるのが苦手な人も多い

ネイティブの講師であっても意外と教えるのが苦手な方も多いです。

なぜなら、ネイティブは生まれた時からその言語を話しているため、文法や発音の面でどのように教えれば良いかわからない人がいるからです。

 

例えば、日本語を誰かに教える時を考えてみてください。

主語の次に来る「は」、「が」、「に」、「で」などをわかりやすく違いを説明することができますか。

 

 

マリア
実はこれ無意識のうちに使っているので説明してほしいと言われるとちょっと難しいですね。

 

このようにネイティブにとっては、日本人がよく間違う「前置詞」や「過去形・過去分詞形」の違いなど無意識の意識して使い分けています。

 

よって、必ずしもネイティブを選べば間違いなしと言う考えは捨てましょう。

 

もちろん先にお話ししたように、英語を教えるための資格を持っている人の方や、資格を持っていなくても英語を教えることが得意な講師もいます。

なので、評価や評価内容を見て気になるネイティブ講師は確認する必要がありますね。

 

⑤美人・イケメン講師の実物は写真と異なるかも

講師を選ぶときに、写真を見て選ぶと思いますが、美人・イケメン講師の実物は写真と異なる可能性があります。

なぜなら写真はよく撮れているからです。笑

 

昔わたしがDMM英会話を受講していた時に、たまたま綺麗な人を見つけたので受けてみたら、実物の講師は自分のイメージとは異なっていたことがあります。

マリア
もちろんきれいでしたけどね!!!

 

よく美人やイケメン講師から学んでみたいという生徒がいます。

やっぱりモチベーションになるのかなと感じますが。

 

写真写りがいいからめちゃくちゃいいから選んだけど、レッスンが始まったら、「...」となって、モチベーションが上がらないなどの理由で、レッスンに影響が出ないようにしましょう!笑

 

このことも頭の隅に入れておいてくださいね。(特に美人・イケメンから受けたいと思うあなたは!)

 

DMM英会話_質の高い講師を選んで、質の高いレッスンにしよう!

いかがでしたか?

 

DMM英会話はかなりの数の講師がいるので、これから英会話を受ける方にとって、どの講師が良いのか分からなくなるものだと思います。

 

しかし講師を選ぶための条件や基準を知っているだけで、かなり質の良い講師を初めから選ぶことができるし、損しなくなります。

 

再度、質の高い講師の選び方をまとめると、

  1. 講師の資格で選ぶ
  2. 評価が5の講師を選ぶ
  3. 講師歴が3年を選ぶ
  4. 評価内容を確認する
  5. ビデオ動画を見る
  6. 共通の趣味や経歴を持っている講師を選ぶ
  7. 自分の習いたいスキルや分野に特化している講師を選ぶ

 

次回講師を選ぶ際は参考にしてみてくださいね。

 

もしまだDMM英会話を試したことがない方はこちらから>>DMM英会話|無料体験登録

わたしのTwitterはこちらから