毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

夢ノート(夢を叶える)アプリ『セルフノート』が選ばれる理由_7選

こんにちは、マリアです。

 

困っている人
  • 夢ノートを作りたいけど、スマホ内でやりたいな。
  • 夢ノートのおすすめアプリを教えて!!
  • アプリにはどんな機能があるの?

今回は、このようなお悩みにお応えします。

 

以前【夢ノート書き方・例・効果を紹介】イチロー/本田圭佑/チアダンも実践!で、紙媒体での夢ノートを紹介しましたが、今回は、いつも持ち運ぶスマホでもっと便利に作りたい方向けです。

 

夢ノートは、潜在意識に届かせる必要があるため、繰り返し目を通す方が効果があります

 

でも、ノートだといつでも見れるというわけではないので、「ちょっと不便だな」と感じる方がいるのも事実。

 

このような理由から今回はスマホアプリ『セルフノート』で夢ノートを作るべき理由とその方法を紹介します。

 

先にお伝えすると、夢ノートアプリ『セルフノート』が選ばれる理由は、

  1. いつでもどこでも気軽に夢を確認することができる
  2. このアプリを使用する他の人と夢を応援し会える
  3. 『願望ワーク』で夢を潜在意識に届かせてくれる
  4. 叶えたい夢のカテゴリーを選ぶことができる
  5. モチベーションの維持がしやすい工夫がある
  6. メモ機能がついているため、好きなことを書き込める

こんなにも機能がついているのにもかかわらず、無料で使えてしまうんです!

 

写真を使いながら、以下のようにセルフノートの魅力と使い方を解説していくので、ぜひ一緒にやってみてくださいね。

  • 夢ノートアプリ『セルフノート』が選ばれる理由_7選
  • セルフノートの使い方_簡単3ステップ

 

早速アプリをインストールしたい方は、以下からどうぞ。

 

夢ノートアプリ『セルフノート』が選ばれる理由_7選

早速夢ノートアプリが選ばれる理由を7つ紹介します。

  1. いつでもどこでも気軽に夢を確認することができる
  2. このアプリを使用する他の人と夢を応援し会える
  3. 『願望ワーク』で夢を潜在意識に届かせてくれる
  4. 叶えたい夢のカテゴリーを選ぶことができる
  5. モチベーションの維持がしやすい工夫がある
  6. メモ機能がついているため、好きなことを書き込める

一つずつ解説していきますね。

 

【夢ノートアプリ_メリット①】いつでもどこでも気軽に夢を確認することができる

まず、Apple StoreでもGoogle App Storeでも入手可能なアプリなので、スマホユーザーであれば、誰でも利用することが可能です。

 

スマホさえあれば、いつでもどこでも自分の夢を確認することができるという便利さがあります。

 

例えば、

  • 電車での移動中に確認する
  • 朝起きたら確認する
  • ランチ後の休憩に確認する
マリア
紙の夢ノートであれば、広げて確認するのが困難な状況でもスマホであれば、気軽に確認することができるのでおすすめです。

 

 

【夢ノートアプリ_メリット②】このアプリを使用する他の人と夢を応援し会える

このアプリを同じように使用する他の人と夢を応援し会える機能があります。

 

これは、このアプリを使用している多くのユーザーが自分の夢を公開しているので、見ることができるからです。

 

また、「応援する」というボタンをクリックすることで応援できるほか、メッセージを送って直接応援することができます。(※以下のように、応援すると「応援済み」に変わります)

 

 

夢を持っている自分以外の人と夢を応援し会えるという仕組みは、モチベーションを上げてくれるし、自分も頑張ろうと思えますね。

 

【夢ノートアプリ_メリット③】『願望ワーク』で夢を潜在意識に届かせてくれる

この夢ノートアプリには、『願望ワーク』というものがあり、夢を潜在意識に届かせてくれます

 

この願望ワークは、1分の間に自分の夢を見つめたり、唱えてみたり、イメージしたりなどのワークを行うものです。

 

「願望ワークを開始する」をクリックすることで、始まります↓↓↓

 

例えば、以下のようスマホの画面上に、10秒ごとに「〇〇してください」という形で、指示が出てきます。

 

これは、「願いをみつめてください」↓↓↓

 

これは、「願いを具体的にイメージしてください」↓↓↓

 

マリア
夢を夢のままで終わらせないために、夢を向き合えるしくむがされているのは、とてもいいですね。

 

【夢ノートアプリ_メリット④】叶えたい夢のタイプ・カテゴリーを選ぶことができる

叶えたい夢のタイプ・カテゴリーを選ぶことができます。

 

夢と言っても「自分のための夢」「誰かのための夢」または「これだけはやらないという願望」があります。

この夢ノートアプリでは、自分の夢にカテゴリーを振り分けることができるので、夢を明確にしやすいです。

 

例えば、「願望タイプ」を「やりたい・なりたい」、「してあげたい」、「やりたくない・なりたくない」と変えることできます↓↓↓

 

 

カテゴリでは、この夢はどんなものなのかを大まかに分けることができます。(心、人間関係、成長、家族などなど)↓↓↓

 

またメモ機能を使えば、夢を叶えるまでの期日や、叶えた時をイメージした気持ちを書くことも可能です!

 

【夢ノートアプリ_メリット⑤】モチベーションの維持がしやすい工夫がある

この夢ノートアプリには、モチベーションの維持がしやすい工夫があります。

夢を叶えるには、夢を叶えられるまでの継続が必要になるので、この点はとても重要です。

 

例えば

  • このアプリを使用している他のユーザの夢を見ることができたり応援しあったりすることが可能
  • 願望ワークをするための通知が来る
  • 自分好みのデザイン・色に変えてよりパーソナルな夢ノートアプリにできる

 

以下のように、願望ワークをするための通知設定は、アプリ内で行うことができます↓↓↓

 

背景を変えるとこのようになります↓↓↓

 

マリア
自分の夢に近しい写真や背景色にするといいですね!

セルフノートの使い方_簡単3ステップ

ここでは、セルフノートの使い方を紹介します。

 

【夢ノートアプリ「セルフノート」使い方①】アプリをインストール

まず、App Store、またはGoogle Playでアプリをインストールします。

 

 

「セルフノート」と検索することでも表示されますよ!

 

【夢ノートアプリ「セルフノート」使い方②】の設定を行う

アプリを開いたら、以下のような画面が出てきて、文章が表示されます。

読んだら右上の「次へ」を押します。

 

 

以下のように自分の名前(または、ニックネーム)を入力します。

もし自分の夢を公開した場合、この名前が表示されるので注意してくださいね。(のちに、設定で名前を変えることも可能です。)

 

【夢ノートアプリ「セルフノート」使い方③】「セルフノート」に夢を追加する

以下の「マイリスト」画面が表示されたら、右下の「追加」をクリックして、実際に夢を追加しましょう。

「願望を追加する」という画面が表示されたら自分の夢を書いて「願望を作成する」をクリックします

 

追加をすると、以下のように自分の夢が表示されるようになります。

 

 

夢ノートをアプリで管理したい方にはおすすめ!

夢ノートとは(再定義)

再度解説しておくと、夢ノートとは、叶えたい「夢」を書いてまとめたノートのことです。

 

自分の叶えたい夢をノートに書くことによって、脳に「叶えようとする力」に働かせることができます。

 

引き寄せの法則という言葉を聞くことがあると思いますが、夢ノートを作ることで潜在意識にまで自分の夢を伝えることができ、より夢が叶いやすくなるんです!

 

夢ノートの書き方や効果ついては、【夢ノート書き方・例・効果を紹介】イチロー/本田圭佑/チアダンも実践!でご確認ください。

 

マリア
効果的な使い方を紹介しているので、アプリで夢ノートを作る場合も有効です!

 

夢ノートアプリなら『セルフノート』

夢ノートをスマホで管理したいなら、アプリ『セルフノート』がとてもおすすめです。

 

なぜならすでにお伝えした通り、便利な機能が無料で使えるからです。

  1. いつでもどこでも気軽に夢を確認することができる
  2. このアプリを使用する他の人と夢を応援し会える
  3. 『願望ワーク』で夢を潜在意識に届かせてくれる
  4. 叶えたい夢のカテゴリーを選ぶことができる
  5. モチベーションの維持がしやすい工夫がある
  6. メモ機能がついているため、好きなことを書き込める

また、使い方もとてもシンプルで簡単なので、難しい作業は一切ありません。

 

ただ個人的には、やはり紙媒体の夢ノートが良いと考えています。

理由は、何度も何度も読む直すものなので、より身近に感じられる紙媒体のノートの方が叶う確率が上がる(感じがする)からです。

 

ただ、 夢アプリノートアプリには夢アプリノートアプリの良さがあり、紙媒体の夢ノートには紙媒体の夢ノートの良さがあります。

 

 

ぜひ両方試してみて、続けられそうと思う方を選んでみてくださいね。

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

わたしのTwitterはこちらから