毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

【夢を叶える】停滞期こそ成長のチャンス_その理由とやるべきこと

こんにちは、マリアです。

今回は、停滞期こそ成長のチャンスだと思う理由と停滞期にやるべきことを解説します。

 

困っている人
「今まで順調だったのに、何をしてもうまくいかない」
「成長できないから、これが諦め時なのかな?」

夢を追いかけて頑張っているにもかかわらず、このように思うことは誰にでもあります。

 

実は、夢を叶えようと努力をしているとき、かなりの確率で「停滞期」が訪れます。そして、どれほど成功している人でも経験していることです。

でも、停滞期こそ制すれば、あなたの前には成功が待っています。そして、そんな停滞期にこそ「やるべきこと」をこなすと、誰でも停滞期を抜け出すことができます。

 

この記事を読めば、

  • いま停滞期にいたとしても、気分が晴れて再び歩き出すことができる。
  • これから停滞期に入ってしまう可能性のある方でも、やるべきことを確認しておくことができる。

そして、夢を叶えることができます。

 

スポンサーリンク

【夢を叶える】停滞期を制するものが成功する_その理由は?

停滞期を制するものは成功します。

そうです、夢を叶えて、成功者になれるんです。

 

停滞期を制するものが成功する

停滞期を制するものが成功します。

その理由は、成長をするための努力を『継続』しているからです。

 

例えば、

  • イチロー選手:停滞期こそ成長の『きっかけ』と考えて、継続して練習を続けた。
  • 王貞治監督:ホームランがなかなか打てなくなった時こそ、練習を続けた。
  • 菅田将暉:自分の実力が順調に認められていく中で、自分の演技がわからなくなった。しかし、ある監督から言われた「あれこれ考えずにやれ!」という言葉の通り演技をやり続けた。

ここではわかりやすく、スポーツ選手や芸能人を挙げてみましたが、停滞期に至った時に「継続」を行ったから、今の成功があります。

 

このような有名な方々が、停滞期の時に諦めていたら、今私たちは、テレビでみることはなかったかもしれませんね。

どんな方でも上がれば上がるほど、そのあと停滞期があるのは必然的です。

 

実は、私もこれまでに自分の夢を叶えてきましたが、スムーズにはいきませんでした。

長期的な夢であればあるほど、時間もかかりますし、停滞期の長さもいろいろでした。でも、時には鬼のような行動を継続してきたからこそ、今があります。

 

このように、質や量の話は別として、自身の夢のために継続を行っています。

だから、停滞期にこそ「努力」を継続したものだけが、成功できるのです。

 

停滞期を感じるのは、頑張ってきた証拠

停滞期を感じるのは、頑張ってきた証拠です。

なぜなら、頑張って継続をしなければ、停滞期にすら達しないからです。

 

大抵の場合、このように停滞期が交互に来るようになります。(長さや停滞期の回数は人ぞれぞれ異なりますが...)

  1. 基本的なことができるようになる
  2. 停滞期
  3. レベルアップする
  4. 停滞期
  5. ... (繰り返し訪れる)
  6. レベルアップする
  7. 停滞期
  8. 夢を叶える

このように停滞期に入るということは、これまであなたが努力をしてきた結果です。

 

しばらく自分の中で成長がないと感じたら、「これまで頑張って進んできたから、今は停滞期なんだ」と思うようにしましょう。

 

停滞期は必ず終わる

止まない雨がないように、停滞期にも必ず終わりがあります。

 

あとは、自分が続けるかどうかで、その停滞期を抜けるか、抜けれずに諦めるかに分かれます。

事実として言えるのは、大半の方が停滞期に入って、諦めてしまうということです。逆にそこで継続を続けている方は、希少な人材となります。

 

ただ、先ほどもお伝えしたとおり、人によって停滞期の長さが異なります。

例えば、1~2ヶ月で停滞期から出ていく人もいれば、年単位の時間がかかる方もいます。

 

でも、必ず言えるのは、あなたの努力次第で、停滞期は必ず終わるということです。

 

スポンサーリンク

停滞期に行うこと

継続する

行動を「継続」することが大事です。

なぜなら、継続をすることで、停滞期を抜けることができるからです。

 

目に見える成長がなくても、続けることが大切になります。
ただし、続けるのは「正しい努力」です。(次の見出しに詳しく書いています。)

 

何をしても成長ができないという理由で、諦めてしまうのは、本当にもったいないです。

停滞期に入ると、明かりの見えないトンネルを進んでいるような気分になるのは、事実としてあります。

 

でも、せっかくあなたが「やりたい」と思ってはじめたことなのであれば、停滞期であっても進み続けることをおすすめします。

自分が本当に夢を叶えるため、あとで後悔しないように、継続しましょう!

 

目的とこれまでのやり方について考える

一度あなたが行動をしている目的と、これまでのやり方を見返してみましょう。

 

前の見出しでも解説した通り、継続することは大事です。

でも、以下の質問に自信を持って答えられますか?

  • あなたのその行動する目的は、あなたの本心から達成したいものですか?
  • あなたがこれまでやってきたやり方は、正しいものですか?

もちろん、答えられるのであれば、問題はないとはずなので、諦めずに続けてみてください。

 

でももし、そもそもの達成したいというモチベーションが低かったり、これまでしてきたやり方が間違っているのであれば、修正が必要です。

  • あなたの目的が本心から達成したい思うものでない場合は、【悲報】叶う夢と叶わない夢の違い…(2つの理由を紹介)を、ぜひ読んでみてください。
  • これまで行ってきたやり方が正しいものでない場合は、自分でできる範囲のリサーチをしたり、すでに成功している方々にやり方を確認してもらったり、などの工夫をしてみてください。

 

例えば、

英会話力をあげるという目的があるに、英文の記事だけを黙読していた。

このやり方では、遠回りになってしまいます。

 

なぜなら、伸ばす必要があるのは、英語のスピーキング力であり、リーディング力ではないからです。そして、スピーキング力をあげるには、話すことが第一の近道だからです。

※詳しくお伝えすると、リーディングをすることでも挙げられますが、ここでは細かいお話は置いておきます。

 

自分の成長スピードに違和感を覚えたら、一度考えてみる時間を持ちましょう。

 

休憩を行うこと

思い切って、休憩も入れてみましょう。

 

停滞期は、何をしても大きく成長を見込むことができないので、ストレスになりやすいです。

  • 作業時間を短くして、気分転換ができる時間を作る。
  • 数日間、思い切って休憩をとる。

少しの間、休憩をとるという方は、気分転換で、夢に近ける!【無料のおすすめ方法紹介します】に方法を書いているので、ぜひどうぞ。

 

スポンサーリンク

一緒に停滞期を制して、夢を叶えよう!

いかがでしたか?

 

物事が順調に進むほど、停滞期はふとしたときに訪れるものです。

停滞期の時は、物事がうまくいかず、イライラしたり、諦めかけたりすることも多いと思います。

けど、どんな天才でも有名な人でも、諦めず継続をすることで、道を開いてきました!

 

だから、あなたもできます

停滞期こそ、継続を心がけ、正しい方向に努力をしていきましょう。

 

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。

この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

こちらの記事も読まれています!

関連記事

こんにちは、マリアです。今回は、夢を持ち続けるコツをお伝えしたいと思います。 困っている人「夢はあるけど夢を持ち続けられない。」「モチベーションが徐々に下がってしまう。」「いつの間にか夢[…]

 

スポンサーリンク

にほんブログ村 その他日記ブログ 夢(目標)・未来へ
にほんブログ村

わたしのTwitterはこちらから