毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

DMM英会話_初心者でも簡単にフリートーク!3つだけ抑えておけばOK

こんにちは、マリアです。

 

困っている人
  • 教材を使わずに、英会話力を試したい、上達させたい
  • 教材を使わずに、フリートークに挑戦してみたい
  • 自然な英語力を身につけたい!
  • でも、フリートークって何から話始めればいいの?

今回は、このようなお悩みにお応えします。

 

この記事では、以下の3点をお話しします。

  • DMM英会話のフリートークの流れ
  • DMM英会話フリートークに初心者が簡単にできる理由
  • DMM英会話フリートーク前にやるべき3つのこと

DMM英会話のフリートークは、初心者でも簡単にすることができます。

 

「何の準備もせずに、ぶっつけ本番でやってみよう!」と考えている方もいると思います。

しかしそれよりも、レッスン前に3つのことだけを押さえおけば、さらに良いレッスンになること間違いなしです。

 

私自身、現役で英会話講師を行っており、以前は、DMM英会話を生徒として6ヶ月間利用していました。

 

一応私の経験をお伝えします。

  • 中学生時代→英語が大嫌い
  • 高校生時代→英語を好きになり、卒業までに英語がペラペラになる
  • 大学生時代→アメリカの大学で、ビジネスを学ぶ
  • 社会人→日本企業・外資系企業で英語を使いながら仕事を経験する

 

これまでの経験をもとに、お伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

DMM英会話のフリートークの流れ

DMM英会話のフリートークとは、名前からもわかるように、フリー(自由)にトーク(会話)をすることができるレッスンです。

 

そのため、特にレッスン中に「話さないといけないこと」・「やらないといけないこと」というルールはなく、人それぞれ楽しみ方があります。

 

でも何でもありだからこそ、どうやってフリートークを進めるのか、どんなトピックをすればいいのか悩みますよね?

 

フリートークの流れ

フリートークのレッスンの始め方も、教材を使ったレッスンと同じように始まります。

 

最初に簡単に挨拶をして、その後、生徒自身の希望に応じて自己紹介をします。

 

そして、いよいよフリートークの始まりです!!!

 

フリートークなので、講師も特に進め方のルールがないので、以下の2パターンに分かれます。

  • 「今日フリートークしたいってことだけど、何か話したいことある?」と聞いてくれる講師
  • 自己紹介や挨拶の時に話題に出たことをフリートークのトピックとしてそのまま会話を進める講師

 

前者のように、あなたがレッスン予約をした時に選択した「フリートーク」というリクエストを確認し、話したいトピックを聞いてくれた場合は、その時に話したい内容を伝えましょう。

  • I want to talk about our hobbies today.(アイウォントゥー トーク アバウト アワー ホビーズ トゥデイ)

訳:「今日私たちの趣味について話したいです。」

 

 

後者の場合で、話したいトピックを用意している場合は、遠慮なく講師に「実は、今日話したい内容がある」と自分の希望を伝えましょう。

  • I want to talk about some topics today.(アイウォントゥー トーク アバウト サム トピックス トゥデイ)

訳:「今日いくつかのトピックについて話したいです。。」

  • Actually, I have some topics that I want to talk today.(アクチュアリー アイ ハブ サムトピックス ザット アイウォントゥー トーク トゥデイ)

訳:「実は、今日話したいトピックがいくつかあります。」

 

もし、特に話したいネタがない場合は、そのままの会話の流れで話を進めてOKです。

DMM英会話フリートークに初心者が簡単にできる理由

DMM英会話のフリートークに初心者でも簡単にできてしまう理由を解説します。

 

それは、フリートーク前に準備をしてレッスンに挑めるからです。

 

フリートークは何の決まりもなく、なんでも話せるので自由度が高いです。

だからこそ、会話の流れを自分で掴むことがでいれば、「講師の聞く質問に答えるだけ」という状況を防ぐことができます。

 

 

ただ、英語を勉強してそれほど時間がない状態で、何の準備もせずにフリートークに挑むのは、少し難易度が上がります。

 

準備なしでフリートークに挑むのは、英語が慣れてきた中級レベルからにしましょう。

 

では、実際にフリートークのレッスン前に、どのように準備をするかをみていきましょう。

 

フリートークの前にやるべき3つのこと

フリートーク前に押さえておくべきこと3つをお話しします。

  • 話したい内容を用意する
  • これまでのレッスンで習った英単語やフレーズを使う準備をする
  • ミスを恐れるよりも「楽しもう!」と心がける

一つずつ解説します。

 

話したい内容を用意する

まず、自分が話したい内容を5つくらい上げておきましょう。

 

話したい内容のネタを選ぶ時に注意したいことは、以下の2つです。

  1. 日本語でも十分に話せるネタ(よく知らないネタを話すと説明もできないので、そこで会話が切れてしまいます。)
  2. 深堀できるネタ(相手から質問されても答えられる、または相手に対しても質問できるネタの方が、会話が長続きしやすいです。)

可能な限り、上の2つに当てはまるものを選んでみてください。

 

ただし、個人情報に関わる内容や、宗教や政治的なネタはなるべく避けるようにしましょう。

 

もちろん異文化・ビジネスなどの点で、好んで話してくれる方もいると思いますが、できるだけ話題にしない方が無難です。

 

これまでの習った英単語やフレーズを使う準備をする

これまでに習った英単語やフレーズを使う準備をしましょう。

 

実際に、レッスン中に使いたい単語が記載されている単語帳を開いておいてもいいですし、スマホなどで簡単に見れるようにしておくことをおすすめします。

 

何度もこのブログの方でお伝えしてしまいますが、英会話力を上げるには、口から出していくことが大切です。

そして、口から出すという行為は、インプットしたものをアウトプットするということです。

 

習ったことを定着するのは、アウトプットが一番効果的です。

 

ミスを恐れるよりも「楽しもう!」と心がける

実は、「楽しむぞ!」と思うメンタル面が一番大事だったりします。

 

なぜなら私たち人間は、好きなこと・楽しいことに対しては、上達が早いからです。

 

「好きこそ物の上手なれ」と昔から言いますよね?

 

子供の頃に好きでやっていたゲームは、プロ並みに知り尽くしていませんでしたか?

反対に苦手なことや嫌々したことって、熱中できないし、なかなか頭に入らないんですよね。

 

それと同じで、英語に対しても「楽しもう!」という心持ちをすることで、脳が通常よりも働き、さらに力を発揮できるようになります。

 

また、ミスを恐れていたら余計にミスへの「意識」が出来上がるので、気にしすぎて話すことができなくなってしまいます。

 

正直、講師の人と知り合いでもないですし、自分次第で2度と会わない人になるかもしれません。講師からの目を気にせず、思う存分楽しみましょう。

 

それに、間違った英語を直してくれるのが講師の役目ですから、気にしないことが大事です。

 

スポンサーリンク

フリートークのメリットとデメリット

最後に、フリートークのメリットとデメリットをお話しします。

 

フリートークのメリット

フリートークのメリットは、主に以下の3つがあります。

  • スピーキング力とリスニング力を同時に鍛えられる
  • 教材を使ったレッスンで習ったことを発揮できる
  • 想定外の質問や内容に慣れることができる

教材のように、書かれている英文を読むわけではありません。そのため何かを伝えるために、スピーキング力を高めることができます。

 

また、同時に会話をするにあたって、相手の話していることを理解する必要もあるので、リスニング力も鍛えられます

 

これまでにDMM教材やその他の教材で勉強したことがある方は、それを実際に試しに使ってみることができます。

 

いわば、絶好の実践練習場ですね!

 

また、講師とのやりとりに決まり切った会話があるわけではないので、予想外の質問や内容にも慣れることが可能です。

 

教材を使う学習では、書かれていることを読むことが多いですが、実際に外国の方と英語を話す時をイメージしてもらうとわかる通り、そんな場面はないですよね?

 

リアルな場面で使える英語に少しずつ慣れていきましょう。

 

フリートークのデメリット

反対にフリートークのデメリットは、以下の2つがあります。

  • 自分から積極的に話していかないと、講師だけ話している状態になる
  • 簡単な英語を聞き取るリスニング力がないと少し難しい

自分から積極的に話していかないと、講師がメインに話をしている状態になります。

 

もちろん沈黙にはできないので、講師もゆっくり話したり、質問をしてくれたりします。

でもそれを続けていても、自分のためにはなりません。

 

どうしても言いたいことが言えない場合は、Google翻訳などを使ってもいいので、とにかく何かを言ってみることが大事です。

 

 

また、英会話とは、スピーキング力とリスニング力をメインに行われる行為です。

例えスピーキングで自分の言いたいことだけを言ったとしても、講師から何か聞かれた時にわからないと会話が成り立たない状態になります。

 

こうなると「トークをする」のが少し困難です。

 

もちろん、講師が言っていることをチャット機能を使って、文字に起こしてもらうこともできるので、もし全くわからない場合はお願いしましょう。

簡単に、Can you type what you said?(キャン ユー タイプ ホワット ユーセッド?)といえば通じます。

訳:「言ったことを入力してくれませんか?」

 

ここに挙げたようなデメリットを経験しないためにも、意識して準備をしてみてくださいね。

 

初心者は準備をしてからフリートークに挑もう!

いかがでしたか?

 

お話しした通り、初心者でも事前に準備を行うことで、簡単にフリートークのレッスンを受けることができます。

 

フリートークは普段教材を使って習っていることをアウトプットする場として使用できるので、かなり良いです。

 

再度まとめると、レッスン前の準備としては、以下の3点をやりましょう。

  • 話したい内容を用意する
  • これまでのレッスンで習った英単語やフレーズを使う準備をする
  • ミスを恐れるよりも「楽しもう!」と心がける

 

デメリットもある一方で準備をして、かつ回数を積み重ねれば、楽しく会話を行うことができるようになります。

 

何事も修正の繰り返しです。

最初にやったフリートークのレッスンで、失敗したからと言って諦めるのではなく、回数を重ねるたびにできることを増やしていきましょう。

 

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

こちらの記事も読まれています!

関連記事

こんにちは、マリアです。 困っている人 DMM英会話でデイリーニュースをしているけど、英会話力上がる? DMM英会話のデイリーニュースを使って、効率的に英語を勉強したい!![…]

 

スポンサーリンク
わたしのTwitterはこちらから