毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

自分軸と自己中で生きる人の違いは〇〇!本当の自分軸とは?

こんにちは、マリアです。

 

困っている人
  • 自分軸で生きるのと自己中の違いって何?
  • 本当の自分軸って何?

このような悩みに答えようと思います。

 

「自分軸」と「他人軸」という言葉をよく聞きますが、自分軸というと「自己中」なのではないかと心配になりますよね?

それに、雰囲気的にその2つが違うのはわかるけど、実際どうなの?と。

 

なので今回は、以下の2つについて解説します。

    • 自分軸と自己中で生きる人の違い
  • 本当の自分軸とは

 

スポンサーリンク

自分軸と自己中で生きる人の違いは

自分軸と自己中で生きる人の違いは、自分と他人の切り分けができているかどうかです。

 

どういう状態かというと、

  • 切り分けができていれば、自分と他人は違うということがわかっている状態(=自分軸を持っている状態)
  • 切り分けができていなければ、他人が自分に動いてくれると考えている状態(=自己中な状態)

この違いわかりますか?

詳しく見ていきましょう!

 

「自分軸」で生きている人とは?

自分軸で生きている人は、自分と他人の切り分けができている人のことです。

 

例えば、

  • 自立している人
  • 相手を尊重できる人
  • 一緒に努力をしていける人

などなど

 

自分軸で生きている方の意識は以下のようなものが挙げられます。

  • 「自分は自分。他人は他人」という認識を持っている
  • 常に相手を尊重する
  • 共に協力して成長しようとする
  • 自分の判断基準(自分軸)で、物事を決めようとする
  • 相手のために自分の力を生かす
    などなど

このように、たとえ相手が自分と違う意見を持っていたとしても、「自分も違う意見を持つことがあるんだから、当たり前だ。」というふうに考えることができますよね。

 

だから感情の浮き沈みは少ないし、むしろ違う価値観に触れたとなると、学びになると思うことが多いです。

 

「自己中」に生きている人とは?

反対に、自己中に生きている人は、自分と他人の切り分けができていない人のことです。

 

例えば、

  • 他人に依存している人
  • かまってちゃんな人
  • 人の邪魔をしようとする人

などなど

 

自己中の方の意識は以下のようなものが挙げられる。

  • 他人は自分のために人が動いてくれる
  • 他人をコントロールしようとする
  • かまってもらうために何でもしようとする
  • 相手の成長を止めることも手段の一つとして、相手よりも自分が優位に立とうとする
  • 他人よりも自分のために生きる
  • 自分の幸せよりも、相手を攻撃することに力が入る

などなど

※もちろん全ての人に当てはまるわけではないので、一般的な傾向です。

 

このように、相手の考え方によって、気分が浮き沈みすることが多く、相手からエネルギーさえも奪い取ってしまうパワーを持ちます。

マリア
ドラマや映画に出てくる主人公を邪魔する「悪人」や「敵」だとイメージしてもらえればOKです。

 

スポンサーリンク

本当の自分軸とは

本当の自分軸とは

本当の自分軸とは、自分らしさを保ちつつ、理想の姿を実現するために必要なものです。

これはあくまで、自分がその時々に納得のいく判断をするためにあるもの。

 

だから、その時の都合で判断を変えたり、自分のために相手を使おうとする「自己中」とは全く異なります。

 

時々、自分軸を持って自分らしく生きていこうという人が、「自己中」と踏み違えてしまっていることがあるのも事実です。

 

そういう人に限って他人に依存し、必要な時にだけコントロールしようとします。そして、それ以外の時はめんどくさくて、他人に関わらないように...。

 

マリア
いわば自分以外の人は、自分が必要な時にいれば良いというスタンスですね。

 

だから、自分軸を持つことと自己中でいることを間違えないで欲しいし、もし自分が自己中でいたかもしれないと思ったら、これからは自分軸を持つことを意識してみましょう。

 

もし「自分だけ良ければいい。他人を助けるなんてめんどくさい」と思って、いろいろ避けていると、痛い目に合うのは自分です。

 

>>この点について詳しく知りたい方は、ぜひ「めんどくさい」が行き着く先は、孤独。めんどくさいことにも価値がある。でどうぞ。

 

自分軸の見つけ方

自分軸の見つけ方は、他の記事にも書いているの、詳しくは書かないですが、自分軸は見つけておいて損はないです。

 

なぜなら、あるだけで優柔不断な自分を卒業できるし、他人の目を気にせずに過ごすこともできるようになるから。

 

また、人は新しい世界を知れば価値観や考え方が変わるので、自分軸とは暫定でしかありません

だから、「自分軸」と言っても難しく考える必要はないし、いつだって新しい基準を自分の中にもつすることが可能です。

 

マリア
会社の人事の人は、必要な人と必要なときに採用するのと同じで、私たちも今この瞬間に必要な自分軸を採用することができます。

だから一度、自分を見つめ直す時間を作って、自分軸について考えることをおすすめします。

自分軸を持つメリットと見つけ方を詳しく知りたい方は、脱ブレブレ!自分軸で生きるメリットと自分軸の見つけ方を。

 

 

*****

最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございます。
この記事が何かのお役に立てれば、幸いです。

 

スポンサーリンク

 

わたしのTwitterはこちらから