毎日を楽しく、笑顔で、幸せを感じるために生きるためのヒントを紹介します。

時間を守ると手に入るものと失うもの

こんにちは、マリアです。

 

今回は、「時間」に関して、説明したいと思います。

 

時間にルーズな人は、普段から、大切なものを失っている可能性があります。

また、逆に時間を守っている人は、お金には変えられない価値を既に持っているかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

時間を守ると手に入るもの

 

時間を守ると手に入るもの、それは信頼です。

 

時間を守ることで、約束した相手との信頼を手に入れることができます。

 

例えば、

相手と会う「時間に遅れる」ということは、相手の「時間を奪う」ことになります。

 

誰にでも24時間は平等にありますが、時間の価値はそれぞれ異なります

そのため、あなたが遅れると、その人の時間の価値を無駄にしているということにもなります。

 

その相手の時間に責任を持てますか?

 

以前、TED Talksに出演した方とお会いした時にお話を聞いたのですが、その会場に入るにはためのチケットは少し高めなようです。

そんな中、TED Talksの舞台でのスピーチが 1秒でも遅れると、(1秒) x (会場の人数分)の責任がのしかかると言っていました。

 

それだけ、時間を守るということが徹底されていたとお話を聞いたときは、少しびっくりしました。

 

アメリカに住んでいたので、交通機関や授業が時間通りに進まないことは普通にありました。なので、多くの人がルーズになりがちですが、しっかり管理されているところはされているようです。笑

 

※TED Talksとは、ビジネスや教育、テクノロジーなど、様々な分野の専門家が舞台に立って、それぞれのアイディアを語るカンファレンスです。TED Talksは、Webサイトでも無料で見えるので、とてもありがたいです。字幕もあるので、英語がわからなくても大丈夫ですよ。

 

時間を守れる人の特徴

時間が守れる人の特徴を、以下の4つにまとめています。

  1. 自分に厳しい(責任感が強い)
  2. 相手を考える
  3. 物事を長期的に見える
  4. 言い訳をしない

一つずつ説明していきますね。

自分に厳しい(責任感が強い)

自分に厳しいという特徴があります。

 

自分に厳しいと言わなくても、自分で決めたことは実行する責任感の強いですね。

このような方は、社会的なルールや決まり事をしっかりと守れる特徴があります。

 

相手を考える

常に相手を考えています。

自分以外に人が関わるときは、常に相手を考え、迷惑をかけないようにしています。

 

物事を長期的に見える

物事を長期的に見ることができるので、前もってスケジュールを立てることができます。

スケジュールを立てることで、物事を後回しにせずに、時間通りに物事を終わらせようとします。

 

言い訳をしない

言い訳をしないです。

時間がない、お金がない、というような理由を口に出すのではなく、何とかそれらの障壁を避けたり、乗り越えたりします。

 

以前書いた記事で、夢を叶える人の習慣についてまとめたものがあるので、こちらも是非読んでみてください。

夢を叶える人の習慣は「これ」だ!

スポンサーリンク

時間にルーズな人の特徴

時間にルーズな人の特徴は、以下の5つにまとめています。

  1. 自分に甘い(自己中心的)
  2. 短期的な視点しか見ない
  3. 罪悪感を感じない
  4. 言い訳を理由にする

一つずつ、説明していきますね。

 

自分に甘い(自己中心的)

自分に甘い人が多いです。

少しぐらい遅れても、大丈夫」と思っている方が多いです。

 

また、とくに厄介なのは、自分には甘いのに、相手に対しては厳しい人ですね。

 

「自分は遅れても大丈夫、でも相手は遅れてはダメ。」

 

もし、思い当たる節があれば、直しましょうね。

短期的な視点しか見ない

短期的な視点でしか物事を見れない人がいます。

 

そのため、大まかにでもスケジュールを立てることができなくなります

そうすると、後々後回しにすることが出てきますね。

罪悪感を感じない

罪悪感を感じない人もいます。

たとえ、自分が時間に遅れたとしても、相手に対して「悪いことをした」という自覚がないということです。

 

先ほどの自己中心的な性格とも似ていますが、相手を思いやる気持ちは、何事に対しても大事ですね。

言い訳を理由にする

  • 「時間がないから」
  • 「お金がないから」
  • 「今は忙しいから落ち着いてから」

こんな言い訳を理由に、時間にルーズになっていませんか?

 

もちろん、妥当な理由がある場合は、しょうがないです。

 

でも、スマホをいじってだらだらしている時に、そんな言い訳を使っていませんか?

 

言い訳は、一度使ってしまうと癖になってしまいます。

気をつけていきましょう!

 

時間を理由に、言い訳を言ってしまうからは、この記事も読んでみてくださいね。

【夢を叶える】時間の確保の仕方_だれでもできる簡単3ステップ

 

SNSなどを見て、時間をついつい忘れてしまう人には、こちらの記事をお勧めします。

Twitter(SNS)に依存しない使い方_3選

 

時間を守って、損をしないでおこう


時間を守ることで、自分にとって「信頼を得る」
というメリットがあります。

そのメリットがあるにもかかわらず、自分自身で、簡単に壊してしまうことも十分にあります

 

一度、自分の普段の行動を見直して、時間に対する感覚を正していきましょう。

自分の時間癖を直すには、意識的に先ほどお伝えした4点を確認してみてください。

  1. 自分に厳しい(責任感が強い)
  2. 相手を考える
  3. 長期的に物事を見える
  4. 言い訳をしない

 

時間にルーズな人や、ルーズ気味な人は、これを気に自分の癖を直してみてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク
わたしのTwitterはこちらから